簿記3級・2級合格指導講座 | 通信教育講座のキャリアカレッジジャパン

学習前に知っておきたい基礎知識

資料請求(無料)

受講お申込み

ネット申し込みなら1万円割引!

このページでは、学習前に知っておきたい基礎知識をご紹介。どんなことを学ぶのかがわかっていれば、講座選びの際にもきっと役立つはず。「簿記試験の勉強って難しいの?」「勉強嫌いの私にもわかるかな?」という方は、ぜひこのページをご覧ください。

簿記の種類

企業の種類による分類で、商品販売業で用いる簿記を商業簿記、製造業で用いる簿記を工業簿記、銀行で用いる簿記を銀行簿記といいます。

簿記の種類

簿記の目的

簿記とは一定期間(通常1年間)の経営活動を継続的に記録することにより企業の財産管理や経営成績、財政状態を明らかにする目的があります。
簿記の目的は、次の二つが重要な目的といわれています。

財政状態を明らかにする。

企業の一定時点(個人事業主の場合は12月31日)における現金・商品・貸付金・借入金などの有高を明らかにする。その際、作成する表が貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)といいます。

経営成績を明らかにする。

企業の一定期間(個人事業主の場合は1月1日から12月31日まで)における仕入れ・売上げなどの経営活動の結果、どれだけの利益(儲け)があったのか、あるいは損失があったかを明らかにする。その際、作成する表が損益計算書(そんえきけいさんしょ)といいます。

簿記の目的

貸借対照表:財政状態を明らかにする

企業の一定の日(個人事業主の場合は12月31日)における資産・負債・純資産(資本)を明らかにするために作成される表を貸借対照表といいます。

貸借対照表

資産とは

企業が所有している現金・商品・建物・土地などの財貨のほか、現金を貸し付けたりしたときに生じる貸付金や商品を掛(かけ)で販売したときに生じる売掛金などの権利(債権)を資産といいます。

資産とは

負債とは

企業が後日、一定の金額を支払わなければならない義務(債務)などを負債といいます。

負債とは

純資産(資本)

資産の総合計額から、負債の総合計額を差し引いた額を純資産の額といい、これを、
資本の額(資本金)ともいいます。これを等式で示すと、次のとおりになります。

資産総額 - 負債総額 = 純資産(資本)

この等式を資本等式といい、次のように簡略化します。

資産 - 負債 = 純資産(資本)

純資産(資本)

損益計算書:経営状態を明らかにする

企業の1会計期間(通常1年)における収益・費用の内容とその発生高および当期純利益(または当期純損失)を計算し経営成績を明らかにする報告書を損益計算書といいます。なお、当期純利益は収益と費用の差額で計算します。

損益計算書

収益とは

企業の経営活動の結果、純資産(資本)を増加させる原因となることがらを収益といいます。

費用とは

企業の経営活動の結果、純資産(資本)を減少させる原因となることがらを費用といいます。

収益と費用

いかがでしたか?もちろん、キャリカレの講座では、より詳しく、より深く学べるようになっていますので、安心してお申し込みください!

出題傾向と対策 合格に直結する、出題傾向にあわせた効率的な学習方法とは!?

受講費用

ネットからのお申し込みで!

1万円OFF

ネットお申し込み限定価格

34,000円(税別)

【分割払い 月々1,640円~】
※通常価格44,000円(税別)

費用の詳細について

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み
  • よくある質問
  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
TOPへ