1講座で3資格に対応!現場で必要な実践的なスキルが全て学べる

学習カリキュラム

資料請求(無料)

受講お申込み

ネット申し込みなら1万円割引!

わずか5ヶ月で3資格目指せる独自カリキュラム!

[ 必修 ] 標準学習/3ヶ月 キャリアカウンセラー

1ヶ月目:理論編Ⅰ:キャリアカウンセリング基礎概論

<学習内容>

キャリアカウンセリングのニーズや社会的な背景を学び、キャリアカウンセラーとして活動していく上で必要な基礎から、人事労務管理・労働法規などの専門的な知識まで、幅広く学習します。

キャリアカウンセリング基礎概論

<学習項目>

  • ・キャリアとは何か
  • ・キャリアカウンセリングとは何か
  • ・キャリアカウンセリングの
     ニーズと社会的な背景
  • ・キャリアカウンセラーの活動
  • ・キャリアカウンセラーの
     さまざまな活動領域
  • ・キャリア形成支援の必要性
  • ・ライフステージと発達課題
  • ・カウンセリング理論
  • ・メンタルヘルス
  • ・職業に関する理解
  • ・職業能力開発
  • ・人事労務管理
  • ・労働法規
  • ・キャリアカウンセリングに
     おける留意点

<使用するテキスト>

理論編I

2ヶ月目:理論編Ⅱ:キャリアカウンセリング理論

<ポイント>
プロのキャリアカウンセラーにとって、カウンセリング技法の習得はもちろんですが、
社会的な背景や歴史、人事・労働法規などの基礎知識も、しっかりと身につけておく必要があります。

キャリアカウンセリング理論

<学習内容>

キャリアカウンセリングを実施していく上で重要な基本姿勢から関係性の構築、課題の特定と行動計画の設計など、より実践的なカウンセリング理論や進め方について習得します。

キャリアカウンセリングの基礎概論

<学習項目>

  • ・キャリアカウンセリングの実践に
     求められる知識・スキル
    ・キャリアカウンセリングの3つの方法
    ・キャリアカウンセリングの基本姿勢
    ・クライエントとの関係性の構築
    ・キャリア情報の収集
    ・アセスメント
    ・目標設定
  • ・課題の特定と行動計画
    ・「次のステップへの適応」支援
    ・グループキャリアカウンセリング
    ・効果的な面接技法の習得方法
    ・自己理解の支援
    ・キャリアの棚卸し支援
    ・意思決定プロセス
    ・キャリアカウンセラーのスキルアップ

<使用するテキスト>

理論編II

キャリアカウンセリングの基礎概論

<ポイント>
キャリアカウンセリングを効果的に進めるには、傾聴のスキルやカウンセリングスキルが必要となります。この章では、カウンセリングの理論を学び、キャリアカウンセラーとしての土台を作っていきます。

3ヶ月目:実践編Ⅰ:キャリアカウンセラー

<学習内容>

これまでに身につけた基礎理論を踏まえて、このカリキュラムでは実践的なスキルを養成します。「転職希望者を対象とする支援」「若年者を対象とする支援」など、合計5つのケーススタディを通じて、キャリアカウンセリングのテクニックを身につけます。カリキュラム修了後には、「キャリアカウンセラー資格」の受験資格が得られます。

キャリアカウンセラー

<学習項目>

  • ・インテーク面談
    ・カウンセラーの関わりと見立て
    ・ケーススタディ①
     (転職希望者を対象とする支援)
    ・ケーススタディ②
     (若年者を対象とする支援)
    ・ケーススタディ③
     (女性を対象とする支援)
  • ・ケーススタディ④
     (障がい者を対象とする支援)
    ・ケーススタディ⑤
     (非正規雇用者を対象とする支援)
    ・履歴書の作成支援
    ・職務経歴書の作成支援
    ・就職支援における若者への対応例

<使用するテキスト>

実践編I

キャリアカウンセラー

<ポイント>
この章では、カウンセリング技法の習得はもちろん、
キャリア支援に必要な知識や制度など、実践的なスキルまで習得します。
この章まで到達すれば、クライエントに対して、的確なキャリア支援が実施できるようになっています。

[ 順不同 ] 標準学習/1ヶ月 メンタルキャリアカウンセラー

4ヶ月目:実践編Ⅱ:メンタルキャリアカウンセリングの基礎知識

<学習内容>

うつ病やストレスが原因で休職・離職されている方やメンタル面に問題を抱え就職活動が不安な方のためのキャリアコンサルティングを学習。メンタルキャリアカウンセラーの基礎知識を学び、想定される3つのケーススタディから実践スキルを習得します。カリキュラム修了後には、「メンタルキャリアカウンセラー資格」の受験資格が得られます。

キャリアカウンセリングの基礎知識

<学習項目>

  • ・メンタルヘルスとキャリアの関連性
    ・メンタルヘルスの理解とキャリア支援
    ・職場のメンタルヘルス対策
    ・メンタルヘルスの4つのケア
    ・職場復帰支援
    ・職場復帰支援の進め方
    ・復職支援とキャリアカウンセリング
     ケーススタディ①
     (職場復帰希望者を対象とする支援)
  • ・アサーション
    ・クライエントの主訴と
     カウンセラーの支援
     ケーススタディ③
     (配偶者の影響が強い転職希望者を
     対象とする支援)
     ケーススタディ④
     (社会経験がない就職希望者を対象
     とする支援)
    ・対応NG例
    ・関連機関へのリファー

<使用するテキスト>

実践編II

キャリアカウンセリングの基礎知識

<ポイント>
この章まで到達すれば、メンタル面に課題を抱えるクライエントに対して、メンタルヘルスケアや職場復帰支援の考え方に基づいた、 的確なカウンセリングができるスキルが身についています。

[ 順不同 ] 標準学習/1ヶ月 シニアキャリアカウンセラー

5ヶ月目:実践編Ⅲ:シニアキャリアカウンセラー

<学習内容>

50歳以上の中高年の就職、退職後の再就職支援など、高齢社会の現状と課題を踏まえ、シニアのキャリアカウンセリングについて、専門的な知識を学習します。さらに、想定される3つのケーススタディから実践スキルを習得します。
カリキュラム修了後には、「シニアキャリアカウンセラー資格」の受験資格が得られます。

シニアキャリアカウンセラー

<学習項目>

  • ・高齢化社会の現状と課題
    ・高齢者の就労と社会参加
    ・高齢者に必要な支援
    ・シニアの職業
    ・シニアの就労支援の進め方
     ケーススタディ①
     (定年退職者を対象とする支援)
    ・定年退職と早期退職
    ・定年退職と事前の準備
     ケーススタディ②
     (早期退職希望者を対象とする支援)
  • ・高年齢労働者と加齢による影響
     ケーススタディ③
     (高齢独身女性を対象とする支援)
    ・高齢者を取り巻く社会制度
     シニア関連施設

<使用するテキスト>

実践編III

シニアキャリアカウンセラー

<ポイント>
この章まで到達すれば、シニア世代特有のキャリア支援を実施できるようになります。
さらに、これまで身につけたスキルにより、あらゆるクライエントに対応できる、キャリアカウンセラーのスペシャリストになっています。

※本講座で得られる資格は、キャリアコンサルティング技能検定の免除対象の資格ではありませんが、現場で必要なキャリアカウンセリングの実践力の養成に特化したカリキュラムで構成されています。

JADP(日本能力開発推進協会)「キャリアカウンセラー」「メンタルキャリアカウンセラー」「シニアキャリアカウンセラー」を受験

「キャリアカウンセラー資格」「メンタルキャリアカウンセラー資格」「シニアキャリアカウンセラー資格」の3資格に合格!

合格後

就職・転職をお考えの方

就職・転職をお考えの方

キャリカレの専属のキャリアコーディネーターがご要望に合わせた求人情報や効果的な職務経歴書の書き方、面接のコツなど、あなたの就・転職を全面的にバックアップします。

詳しくはこちら

独立・開業をお考えの方

独立・開業をお考えの方

独立開業時に必要となる、「ホームページ」を無料で作成できるサービスをご用意しています。時間がない方やパソコンが苦手な方には、制作代行(有料)も実施しています。

詳しくはこちら

学習中も合格後も手厚くバックアップ!

受講費用

ネットからのお申し込みで!

1万円OFF

ネットお申し込み限定価格

46,000円(税別・送料無料)

【分割払い 月々2,400円~】
※通常価格56,000円

費用の詳細について

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み
はじめるなら!お得にしっかり学べる“セット講座”がオススメ!
  • よくある質問
  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
TOPへ