わずか2ヶ月で調剤薬局事務資格の試験合格が目指せるキャリアカレッジジャパンの通信講座・通信教育をご紹介します

調剤薬局事務で学ぶさまざまな知識

受講お申し込み

ネット申し込みなら1万円割引!

調剤薬局事務では、医療保険制度からレセプト算定の方法まで、実生活の役に立つ内容を多く学べます。ここでは、講座の中で学ぶ内容を一部紹介します。

医療保険の仕組み

まず、基本的な医療保険制度の仕組みを学習します。医療保険は「保険者」「被保険者」「医療機関」で構成されています。この3者の関係を図にすると次のようなイメージとなります。

医療保険の仕組み

では、次にこの3者と医療保険の種類について簡単に説明していきます。

保険者

医療保険を運営する団体のことです。被保険者から保険料を徴収し、保険証を交付しています。そして、被保険者(及び被扶養者)が病院に行った際には、医療費の7割を保険者が負担してくれるため、医療機関に行って支払う自己負担は3割で済むということになっています。医療保険には職業や年齢などによっていろいろな種類があり、運営する「保険者」も国や市町村、民間団体などさまざまです。

医療保険の種類

業種や年齢などにより加入する医療保険の種類は異なります。大きな会社では保険組合を持っているため保険組合に加入しますが、自営業者などは国民健康保険に加入することになります。

公的医療保険の種類一覧

カテゴリ 分類 保険の種類 保険概要
公的医療保険 被用者保険
(労働者の保険)
健康保険 組合を持たない企業従業員で構成
2008年まで社会保険庁管掌、現在は
全国健康保険協会が運営
組合健康保険 企業や企業グループ、同種同業の企業などで構成
船員保険 以前は労災保険、雇用保険、厚生年金も含まれた。現在は健康保険のみ、全国健康保険協会が運営
日雇健康保険 日雇労働者が対象の全国健康保険協会管掌の健康保険
共済組合 国家、地方公務員、独法職員、教員などで構成、福利厚生、年金制度も含む
自衛官診療証 公費で医療を受ける保険、防衛省管轄
地域保険 国民健康保険 個人事業主、無職者で構成。市町村が運営
国民健康保険組合 同地区で同種の業務従事者が組合員
後期高齢者医療制度 後期高齢者医療 基本は75歳以上の人が対象、市町村で構成する地域連合が運営

被保険者

保険者に保険料を納付し、保険証の交付を受けている加入者のことを被保険者といいます。加入者の扶養家族(被扶養者)も加入者(被保険者)と同じように医療保険の給付を受けることができます。

医療機関

診療所や病院、調剤薬局などのことをいいます。被保険者が医療機関で診察等を受けた際に、自己負担分として医療費の3割を支払います。残りの7割の医療費は医療機関が保険者へ請求し、支払いを受けるという仕組みになっているのです。この保険者への請求業務は、調剤薬局事務の主な仕事のひとつです。

医療保険制度は、少し難しい部分もありますがとても重要な内容です。講座の中ではよりわかりやすく学べますので、ここでわからなかったとしてもご安心ください。

レセプト(調剤報酬明細書)の作成

先ほどの説明どおり、医療機関で診察を受けると患者さん(被保険者)には支払いが生じます。その費用の3割は患者さんが窓口で支払いますが、残りの7割は医療機関側が保険者へ請求しなければいけません。この請求するための資料がレセプト(調剤報酬明細書)です。作成したレセプトに間違いがあると審査機関からレセプトを差し戻され、再作成をしなければいけなくなります。再作成のために余分に時間がかかりますし、記載内容に間違いがあると調剤報酬額が少なく支払われることもあるのです。こうなると、医療機関の経営などに悪影響を及ぼすことになるのです。こうした点から、レセプト業務は正確に作成・確認・点検が求められているのです。

診療報酬の仕組み

講座の中では、カルテからレセプトを作成したりなど、さらに実践的なことを学習していきます。

休日や深夜の診療料

調剤薬局は土曜日や深夜など、通常の時間帯以外の処方せん受付の際には、「時間外加算」というものを請求できることになっています。時間外加算の種類は次の3つです。

休日や深夜の診療料

時間外加算

通常の診療時間外の診療時に加算されるのが時間外加算です。ただし、診療時間外でも深夜の時間帯は深夜加算となります。

休日加算

日曜日、国民の祝日、振替休日、12月29日~31日、1月2日、1月3日で、調剤薬局の定めた休日を除いた日に調剤した場合に加算されるのが休日加算です。

深夜加算

22時から翌朝6時までの時間帯に診療した場合に加算されるのが深夜加算です。少しややこしいですが、22時は深夜加算が適応されますが、午前6時は深夜加算ではなく、時間外加算となります。

調剤薬局が請求できる時間外加算はわかりましたか?このほかにも、さまざまな規定があります。講座ではより詳しく学習していきます。

処方せん

「処方せん」とは、病気の治療に必要な薬の種類や量、服用法が記載された書類です。薬剤師は、この処方せんの内容が適正であるかを確認した後にお薬を調剤します。処方せんは、「医薬分業」の仕組みに欠かせない大切な文書です。ちなみに、処方せんには患者さんの病気の名前・症状は記載されていません。

処方せんの有効期限は4日間

処方せんの有効期限は発行日を含めて4日間(日曜日や祝日を含む)と決まっています。有効期限が過ぎると調剤薬局では受付できなくなり、医療機関で再発行をしてもらうことになります。

11日(木)発行 12日(金)・13日(土)14日(日)有効期限 15日(月)無効

処方せんの再発行は健康保険が適用されないため費用は全額自己負担です。

おくすり手帳

おくすり手帳には、薬にかかわる記録・アレルギー・副作用などの情報を記入してくれています。たとえば、他の薬局や市販の薬を買う時に「おくすり手帳」を提示すると、服用中の薬を確認できるので、同じような薬の重複や飲み合わせの悪い薬を避けられます。もちろん、他の薬局で作ってもらったおくすり手帳は、どこの病院や薬局でもお使いいただけます。

調剤薬局事務講座で学習することに少し触れてみた感想はいかがでしょう?もしかすると「調剤薬局事務って難しいな」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。でも、講座で使用する教材は初めて調剤薬局事務を学習する「知識ゼロ」の方を対象に作られていますので、テキストはもちろん、講師の映像講義など、いずれもとても分かりやすく学べるよう工夫されていますので、安心してください。

 安心と信頼の証! NEXT 履歴書にも書ける「調剤薬局事務資格」

  • よくある質問
  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
TOPへ