カラーセラピストカラーカウンセリングとは

キャリカレならイロイロ解決できる

色の魔法の世界

本講座では、色の魔法を使ってあらゆるお悩みを解決するカラーカウンセリングが学べます
付属の11色のカラーカードの中から「気になる色」を選んでみてください。選んだ順番にも大切な意味があります。まるで薬の調合のように、あなたにピッタリのヒーリングカラーを読み解くことで心を癒していきましょう。

監修講師 月嶋 真理(つきしま まり)先生

20年以上にわたる教員生活の中で、子どもやお母さん達への癒しの必要性を痛感。オーラソーマ、アートセラピー、アロマテラピーなどさまざまなセラピーを習得する。
現在は経営するサロンでカラーセラピーなどの講座を開く傍ら、チャイルドセラピーの普及にも取り組んでいる。

ケーススタディ①

新しい職場での人間関係を
改善したい

Iさん(31歳 保育施設勤務)


「独特の個性」を表します。今の職場での孤独感や落ち込みがうかがえます。


「闘争」「怒り」「強いフラストレーション」を表します。怒りを必死に抑えながら自分を奮い立たせ、状況と戦おうとしている今のIさんの状況を知ることができます。

黄色
「神経過敏」「緊張」「不安」を表します。

オレンジ
「強いショック」や「恐れ」を表します。精神的にも強いストレスを感じているようです。


「休息」「リラックス」「バランスを取る」という効果をもたらす色。


「リセット」「白紙に戻す」という心理状態を表すことから、Iさんには休息が必要なようです。

~先生からのアドバイス~

~先生からのアドバイス~<br />

2番目の色には、今の課題とそれを改善していくヒントが表わされています。ファッションに黄色を取り入れるのは難しいというIさんには、イエローの効果を持つ食べ物をオススメします。レモンやグレープフルーツで気分をリフレッシュさせましょう。

ケーススタディ②

彼との失恋で傷ついた心を
少しでも落ち着かせたい

Gさん(33歳 医療機関勤務)


「いろいろなプレッシャーやストレスで自分らしさを見失っている状態」を表しています。


緑とのコンビネーションで「内面と外面のギャップ」や「両極に激しく揺れている」状態が想像できます


「個性」「癒し」と共に「深い落ち込み」「ストレス」「葛藤」を表しています。

マゼンタ
「奉仕」「犠牲」「燃え尽き感」を表します。Gさんは「我慢しすぎ」と言われるほど彼に合わせてきたのに、なぜ別れを切り出されているのかモヤモヤしているということでした。「こんなにしてあげているのに、なぜ…」というこの葛藤が現れています。

黄色
「前向き」「明晰に見る」ことを促しています。

ピンク
「やさしさ」「思いやり」をもたらす色です。ピンクはまず自分への「やさしさ」「思いやり」が必要なことを示しています。

~先生からのアドバイス~

~先生からのアドバイス~

2番目の色は、Gさん本来の性格を表す色でもあったので、自信を持つためにも2番目に選んだ紫とマゼンタをヒーリングカラーとして取り入れましょう。この2色は「統合」をもたらす色ですので、感情のバランスを取り、穏やかになるためにも効果的です。メイクに興味があるGさんにはこれらの色をリップやアイカラーとして取り入れることもおすすめです。

基礎から学んで、わずか4ヶ月で
プロのカラーセラピストに!

カラーセラピスト
資格取得講座

カラーセラピスト<br />
資格取得講座

通常価格48,000円[ 税別 ]

分割払い例 2,500円×24回

▽ ネットお申し込み限定 ▽

WEB申し込みで10,000円OFF!!

38,000

1,980円×24回[ 税別 ]

※金利手数料、お支払い金額はお客様のクレジットカードご契約内容により若干異なります。

※配送料:全国一律450円(税込)

講座に関するお問い合わせ

別の講座を見てみる

ページ上部へ戻る