医療事務医療事務まるわかりガイド

医療事務とは

病院やクリニックなどの医療施設において、経理や事務などの業務を担当する専門家を医療事務と呼びます。業務内容は大きく分けると「診療報酬明細書(レセプト)の作成」「受付・助手業務」です。現在の医療や保険は複雑化しており、医療事務においても専門性が問われるようになっています。そのため、ほとんどの病院や医療施設では医療事務資格者が優先的に採用されているようです。

診療報酬明細書(レセプト)の
作成とは

病院や医療施設で厚生省が定める医療報酬をもとに、患者さんが支払う医療費や健康保険の請求額などを計算する「経理」のお仕事です。

受付・助手業務とは

病院や医療施設などで受付業務や助手業務を行い、医療機関と患者さんとの直接的な接点としての役割を果たす、言わば医療機関の「顔」となる仕事です。

 

医療事務のニーズ

病院収入の大部分は、国民一人ひとりの治療費です。次の統計資料(厚生労働省発表)からもわかる通り、国民医療費は毎年増加の一途をたどっています。医療事務のお仕事は、病院収入に深くかかわる役割を担っていますので、今後ますます重宝されることは間違いありません。特に患者さんの数も多く、扱う治療費の額も膨大になっている大規模の病院では医療事務のニーズは非常に高く、即戦力となる資格者は強く求められています。

医療事務の魅力と
資格取得のメリット

病院や診療所・クリニック、薬局は日本全国どこにでもあるので、医療事務の資格を取得しておけば日本全国どこでも通用します。そのため、転勤などで引っ越すことになっても仕事に困ることはありません。就職の範囲も病院・診療所のみならず、調剤薬局や歯科医院、看護ステーション、健康増進センター、訪問看護ステーション、企業内診療所、ホテル内診療所など幅広い分野から選ぶことができるのも大きなメリットです。また、医療事務の就業形態は正社員・派遣社員・パートなど、選択肢が多いのも特徴です。毎日フルタイムで働きたい人、育児中なので時間を限定して働きたい人など、自分の生活スタイルに合わせて選ぶことができるところも人気の秘密となっています。

日本は「超高齢社会」!

日本は典型的な少子高齢社会となっています。65歳以上の人口が総人口の何割を占めているかによって、高齢社会は3種類に分類されていますが、日本はその中でも最も高齢者人口率の高い超高齢社会(高齢化率21%以上)に認定されています。2055年には高齢化率が約40%にまで増加するのではないかとも推測されています。

 

医療事務の将来性

高齢化が進むにつれ、医療費はどんどん増え、さらに病院にかかる患者さんの数も増えていきます。また、医療業界は不況に左右されにくい業界とも言われています。病気や怪我などは景気に関係なく発生するものだからです。こうした点からも医療業界に属する医療事務という仕事も安定した仕事だと言えるでしょう。一方で、医療現場に携わる人材は減り続け、人手不足は深刻になる一方です。そのため、医師や看護師が自分の仕事に専念し、少しでも多くの患者を診ることができるよう、事務や経理を行う優秀な人材が必要となってくるのです。このような観点から、医療業界は今後どんどん発展していくことが期待でき、医療事務の仕事は、今後さらに社会において必要とされる職業となっていくでしょう。

医療事務の仕事のやりがい

医療事務の仕事は、医師や看護師のように直接治療行為を行えるわけではありませんが、病気や怪我などで困っている患者さんを間接的に支えるために働くこと、医療現場における事務の専門家として責任ある仕事を任されることから、社会的に見ても非常に意義のある仕事だと、日々やりがいを実感できるでしょう。また、患者さんからの「ありがとう」というお礼の言葉や現場スタッフからの「お疲れさま」というねぎらいの言葉は、あなたの存在価値を高め、ますます医療事務の仕事に誇りを持てるようになるでしょう。そして、医療事務は年齢制限もなく、その時のライフスタイルに合わせながら、長く続けられる仕事です。そんな魅力的な医療事務の資格はあなたの生涯の武器となるでしょう。

結婚・出産後も続けられる
女性人気NO.1資格!

医療事務講座

医療事務講座

通常価格46,000円[ 税別 ]

分割払い例 2,400円×24回

▽ ネットお申し込み限定 ▽

WEB申し込みで10,000円OFF!!

36,000

1,880円×24回[ 税別 ]

※金利手数料、お支払い金額はお客様のクレジットカードご契約内容により若干異なります。

※配送料:全国一律450円(税込)

講座に関するお問い合わせ

別の講座を見てみる

ページ上部へ戻る