リフレクソロジストの資格なら【キャリアカレッジジャパン】

リフレクソロジーの魅力

資料請求(無料)

受講お申込み

ネット申し込みなら1万円割引!

リフレクソロジーは心までを癒す究極のリラクゼーション!

リフレクソロジーとは、「REFLEX(反射)」と「OLOGY(学問)」を合わせた造語で、「反射療法」とも呼ばれています。足の裏や掌などに心地よい刺激を与えることで、身体の不調を改善させたり、人間が本来持っている自然治癒力を向上させたり、深いリラックスをもたらしたり、心身ともに癒す究極のリラクゼーションと言われています。

イメージ画像

あなたの疑問を解消 学びサポートQ&A!

どうしてそんなに効果があるの?

足裏は、流れてきた血液を心臓に送り返すためのポンプのような働きをしていることから、「第二の心臓」と呼ばれています。その足裏に直接働きかけることで、血流が良くなり身体全体に溜まっていた老廃物が排泄され、身体が本来の状態に戻っていくんです。
また、身体にある臓器や器官は、足や手・耳とつながっているので、間接的に臓器・器官に働きかけることで、それぞれの機能が活性化するんですよ!

人気の英国式・台湾式など目的・効果にあわせて種類も豊富!

リフレクソロジーと一言でいっても種類はたくさん。たとえば、英国式・台湾式・タイ式・ドイツ式…など。ここでは日本でおなじみの英国式と台湾式の違いを簡単にご紹介します!

何が違うの?リフレクソロジーの種類

英国式リフレクソロジーは、パウダーを用いて足裏にソフトな刺激を与え、主にリラクゼーションを目的として行われることが特徴です。心身ともにリラックスできる効果があるため、ついつい眠ってしまう…。なんてことも多いようです。

<特徴>
心地よい
リラックス効果が高い
ストレス解消

台湾式では、セラピスト自身の手や専用の器具などを用いて、足裏に強めの刺激を与えます。テレビ番組などで、タレントさんが施術中に痛がっているシーンをイメージするとわかりやすいですね♪

<特徴>
痛い
施術後の効果が高い
クセになる

キャリカレでは、リラックス効果と反射区の知識とスキルをきっちり習得!日本人が一番好きな「痛気持ちいい」のスキルを中心に学べます。

心にも体にも効果的♪美容・健康にもぴったりなリフレク!

自然治癒力が高まる! 臓器の働きが正常に! 深いリラクゼーション効果! 女性特有の悩みを改善! 肩・首こり改善!

あなたの疑問を解消 学びサポートQ&A!

施術をするために資格はいるの?

施術を実施するにあたり資格は必要ありません。しかし、体調や身体の状態によっては、施術をお断りする場合もあります。たとえば、血圧が気になる方は、血行が良くなることで心臓に負担をかけやすくなります。お客様の安全を守るためにも禁忌事項などの知識、技術をきちんとマスターしてから、実践することが必要です。

女性はもちろん、男性セラピストも増加中!

リンパケアなどの全身トリートメントと異なり、リフレクソロジーは手や足を中心に施術を行うため、「セラピストが男性でも大丈夫」というお客様も増えています。男性ならではの力強さで指名を獲得したり、採用する側も長く勤務してくれそうな男性スタッフを獲得しておきたいという店舗も増えているようです。

イメージ画像

業界ニーズも拡大中。市場規模は1000億円超!

クイックマッサージ・リフレクソロジーの市場規模は、前年比103.3%の1,022億円(2012年実績)。消費者の消費抑制傾向が強いながらも、リラクゼーション業界は根強い人気を誇っています。

イメージ画像

市場規模拡大で人材不足が深刻化 今、セラピストが不足しています!

店舗の業績は好調ながら人材不足のため、やむなく閉店するケースもあるようです。今年度の市場規模は前年を上回ることも予測されており、大手による新規出店も増加。今、店舗運営において必要なセラピストが不足しています。

イメージ画像

広がるニーズ!活躍の場はドンドン広がっています!

癒しへの高まりとともに広がり続けるリフレクソロジーへのニーズ。企業への就転職はもちろん、独立開業など、資格取得後の活躍シーンはドンドン広がっています!

イメージ画像

活躍シーンをもっと詳しく知りたい方は「お仕事&収入ガイド」をチェック!

受講費用

ネットからのお申し込みで!

1万円OFF

ネットお申し込み限定価格

36,000円(税別・送料無料)

【分割払い 月々1,880円~】
※通常価格46,000円

費用の詳細について

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み
はじめるなら!お得にしっかり学べる“セット講座”がオススメ!
  • よくある質問
  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
TOPへ