全講座1万円割引キャンペーン実施中!

見た目でわかる?初対面で使える性格分析

Home / 心理学が教える生活のヒント / 人づきあいの心理学 / 初対面で使える性格分析

見た目でわかる?初対面で使える性格分析

2014年3月13日更新

初対面で使える性格分析

■体型は人の気質に関係している!

髪型や装飾にごまかされて、第一印象を後々まで引きずってしまうことはよくあることのようです。
派手過ぎたり地味過ぎたり、化粧や服装もそうで、第一印象に大きく影響してきます。
人に与える印象にはもうひとつ、“体型”も強く関係しており、温厚そうに見える大柄な人、神経質そうに見えるやせた人。
これらは単なる偶然ではなく、体型が人の気質に関係しているそうです。
化粧や装飾にごまかされることなく、体型は、ある程度性格を知る手掛かりになるようです。

■性格を知る手がかり!?

人の体型と性格には、ある一定の関係があると考え、ドイツの精神医学者エルンスト・クレッチマーが“体型別性格分類法”を提唱しました。
これは統計の結果であり、ある程度の性格を知る手掛かりとされ、体型論とも呼ばれています。

肥満型、やせ型、筋肉質の3つに大別される体型論ですが、それぞれの特徴を以下のようにあげられています。

肥満型
〈躁うつ気質〉
社交的で親切。明るく楽しい性格だが、時には激しく怒ったり泣いたり気分にバラつきがある。
やせ型
〈分裂気質〉
神経質で控え目。自分の世界で過ごすことを好む。
他人には鈍感だが、他人からの些細な言動に敏感に反応してしまう。
筋肉質型
〈粘着気質〉
几帳面な性格で礼儀正しく秩序を好む。物事に熱中する。
固で正義感が強く、自分の意見を押し通す。

後にこの体型論をアメリカの心理学者ウィリアム・シェルドンが、4,000人以上の体型のデータから、さらに詳しく分析洗練させています。

■参考にして接しやすく!

簡単にまとめてみると、

  • 肥満→社交的で明るく、気分屋
  • やせ→社交的ではなく、好きなことには反応する
  • 筋肉質→活動的で自己主張が強く、単純思考

など、どれも一長一短なところがあり、なかには当てはまらない人もいるでしょう。
しかし、これらは圧倒的なサンプル量から得られた結果であることも事実なので、初対面で対応に困ったときの参考にしてみてくださいね。

  • 前へ
  • コラムのTopへ
  • 次へ


ページの上部へ