FP3級試験を受ける前に合格率や難易度を知っておこう!

FP3級試験を受ける前に合格率や難易度を知っておこう!

FP(ファイナンシャルプランナー)3級は、FPの入門編ともいえる試験です。FPについて初めて学ぶ人が最初に受けることがほとんどであるため、比較的取り組みやすい内容で構成されています。FP3級試験を初めて受けようとすると、どのくらいの割合で合格者が出ているのか、また難易度はどの程度なのか、気になる方も多いかと思います。そこで今回は、FP3級試験の合格率や難易度について解説します。

目次

講座バナー
講座バナー

「きんざい」と「日本FP協会」とは?

「きんざい」と「日本FP協会」とは?

FP3級試験は、「金融財政事情研究会」(以下:きんざい)と「日本FP協会」の2機関で受験できます。
まず、各機関の概要について解説します。

2つの指定機関で試験を受けられるようになったわけ

もともと、きんざいでは「金融渉外技能審査」(金財FP)、日本FP協会ではCFP・AFPの資格認定を、それぞれの機関で独自に行っていました。

2001年(平成13年)に、職業能力開発促進法が一部改正され、民間機関が技能検定を担う「指定試験機関制度」が確立されました。
翌年、制度の対象職種にFPが加えられたことから、それまで資格認定を行っていた2機関が実績を認められ、複数指定試験機関方式を採用し、どちらの機関でもFP試験が受けられるようになったのです。

「きんざい」と「日本FP協会」の違い

きんざいと日本FP協会では、FP試験における学科試験は共通ですが、実技試験で受験できる科目が異なるという違いがあります。

【きんざいの実技】
個人資産相談業務(金融資産、不動産、贈与・相続、ライフプランニング、年金、税金など)、保険顧客資産相談業務(保険に特化した内容)のいずれか

【日本FP協会の実技】
資産設計提案業務(個人資産相談業務とほぼ同じ内容)

FP試験に合格した証しとなる合格証書は、2機関でデザインが若干異なりますが、合格の価値は全く変わりません
2級・1級FP試験や、AFP・CFP試験を受ける際の条件としても、どの科目の受験でも有効です。
また、両機関は試験会場が異なりますが、試験日時は同じです。

関連記事FP(ファイナンシャルプランナー)とはどんな資格?取得すると就ける職業は?
FPの仕事内容は多岐にわたる!資格を生かすために知っておこう

FP3級はどっちで受けるべき?

FP3級試験を、きんざいと日本FP協会のどちらで受けるかは、どの実技試験を受けるかで決めると良いでしょう。
実技試験の過去問題は、それぞれの機関のホームページで公開されていますので、実際に解いてみて自分に合った科目を選ぶのも一つの方法です。

FP協会の実技試験は出題範囲が幅広い一方で、きんざいの実技試験は難易度が若干高い傾向が見られます。

関連記事FP3級に合格するための勉強時間はどのくらい必要?目安を詳しく解説

FP3級の難易度はどのくらい?

FP3級の難易度は低め

FP3級の難易度は、他の国家試験に比べると低いと言えます。
これは、一定の勉強をして知識を身につけた人であれば、短時間の勉強でも多くの人が合格できる試験内容だからです。
合格率は毎年70%前後で推移しているほか、出題傾向が毎年ほぼ同じであるため、過去問題を繰り返し勉強することで十分対策が可能なのです。

FPの試験は、日本FP協会金融財政事情研究会(きんざい)の2機関が運営しています。
学科試験は両機関とも共通です。
解答方法:マークシート方式
合格ライン:60%以上

実技試験は、機関ごとで問題数や配点などが異なり、次の3つの中から選択します。
合格ライン:学科同様60%以上

【きんざい:実技試験】
※問題数5問・記述式

試験科目 内容
個人資産相談業務 お金と暮らしのついての幅広い知識が問われる問題が出題されます。不動産、相続、税金、年金などが範囲とされています。学科試験の範囲をほぼ網羅しますので、取り組みやすい問題と言えるかも
生保顧客資産相談業務 保険内容に特化した試験内容です。保険業界で仕事をしたい方は、この試験を選ぶと良いでしょう。FP2級試験を受ける際の予行演習ととらえることもできます。

【日本FP協会:実技】
※問題数20問・記述式

試験科目 内容
資産設計提案業務 きんざいの「個人資産相談業務」とほぼ同じ試験範囲となっています。

この中からどれを選択するかは、自分がどの分野を学びたいかという点を重視して選択すると良いでしょう。
また、 公式サイトから過去問題 をダウンロードして、実際に解いてみたうえで決める方法もあります。

実技の試験で覚えることはなに?

FP3級の実技試験では、日本FP協会ときんざいで内容が異なることを解説しました。

実技試験の対策として、各試験で出される頻度が多いテーマを覚えておくと、同じような出題パターンであることが分かってくるでしょう。
そのためには、過去問を徹底的に解くのが重要な対策です。

個人資産相談業務では、学科試験の範囲となっている金融資産、不動産、相続・贈与、年金、税金などの幅広い知識が問われます。
保険顧客資産相談業務は、保険に特化した科目ですので、保険関係の仕事に就きたい人が選択することをおすすめします。

資産設計提案業務は、個人資産相談業務とほぼ同じ試験範囲です。

FP3級の学科・実技の合格率はどのくらい?

学科と実技それぞれの合格率

FP3級試験全体の合格率は70%前後だと先述しましたが、学科と実技それぞれの合格率はこの数値とは異なります。
各実施機関における合格率の推移は、次のとおりです。

【日本FP協会 FP3級合格率】

試験年月 学科試験 実技試験
2022年1月 87.01% 90.75%
2021年9月 84.69% 80.50%
2021年5月 83.25% 76.65%
2021年1月 87.92% 86.53%
2020年9月 89.64% 88.04%
2020年5月 中止 中止
2020年1月 85.34% 79.45%
2019年9月 78.09% 79.48%
2019年5月 69.07% 86.42%
2019年1月 74.09% 83.38%

参考:FP技能士の取得者数 及び 試験結果データ | 日本FP協会

【きんざい FP3級合格率】

試験年月 学科試験 実技試験<個人> 実技試験<保険>
2022年1月 62.52% 53.14% 39.53%
2021年9月 53.31% 43.25% 48.68%
2021年5月 47.81% 59.63% 47.76%
2021年1月 63.75% 58.63% 56.01%
2020年9月 69.28% 35.28% 56.20%
2020年5月 中止 中止 中止
2020年1月 65.43% 50.22% 48.19%
2019年9月 62.77% 45.44% 43.31%
2019年5月 42.76% 54.35% 44.85%
2019年1月 51.91% 56.21% 39.32%

参考:試験結果 | 一般社団法人 金融財政事情研究会
※実技<個人>:個人資産相談業務、実技<保険>:保険顧客資産相談業務

日本FP協会の試験よりも、きんざいの試験の合格率がやや低い理由は、法人単位で申し込んで受検する受検者が多いことや、実技試験の専門性が高いという理由が考えられます

気になる合格点・配点は?

FP3級試験の合格点と配点は、次のようになっています。

試験科目 実施団体 科目 配点 合格点
学科 共通 60 36
実技 日本FP協会 資産設計提案業務 100 60
きんざい 個人資産相談業務 50 30
保険顧客資産相談業務 50 30

学科試験は、日本FP協会ときんざいで共通の内容ですので、どちらで受検しても配点基準や合格ラインは同じです。
2択問題と3択問題が、それぞれ30問ずつ出題されます。
各分野から均等に出題されているため、どの分野もまんべんなく勉強するようにしましょう。

実技試験は、資産設計提案業務は1問5点で計20問出題されます。個人資産相談業務と保険顧客資産相談業務は、3点が10問・4点が5問で計15問出題されます。

両方合格してから技能士に認定される

FP試験では、どの級でも学科と実技の両方に合格して、初めて技能士として認定されます。
どちらか一方が不合格になってしまった場合は、次回以降の有効期限内に受検の出願をする際、「一部合格の免除申請」を行う必要があるのです。
こうすることで、不合格になった科目のみを受検できます。

免除申請の方法は、合格した際の一部合格番号を、受検申請書に記入します。
ここで記入を忘れてしまうと、学科もしくは実技どちらか片方のみの受検者とみなされ、免除扱いとは異なってしまいます。
後日手続きしなくてはいけなくなるため、忘れずに記入しましょう。

関連記事FPの資格は独学で合格可能?独学を検討する際に覚えておきたいこととは
FP2級試験の合格率や難易度はどのくらい?合格するためにぜひ知っておこう!

FP3級合格者の年齢や業種の傾向は?

FP3級合格者の年齢や業種の傾向は?

FP3級の試験は、どのような人が受け、合格を勝ち取っているのでしょうか。

社会人や主婦など幅広い

FP3級の試験は、年齢制限や実務経験などの受検資格はありませんので、誰でも受検することができます。
このため、幅広い年齢層の人々が、各自の目的や目標を持って試験に臨むのです。

例えば、社会人であれば、仕事のスキルアップや業務知識を増やすため、また副業や独立を計画していることもあります。
学生の場合は、就職に有利となるよう、またFPの知識が必要な職種であれば、必須項目として勉強しなければいけません。

近年では、主婦の受検も増加していますが、これは家族のマネープランを立てるのに役立つためです。
住宅の購入時におけるローンや子供の進学費用、老後の生活費、自分に適した生命保険など、FP3級で学ぶ内容は、そのまま家庭生活に直結していると言っても過言ではないほどです。

このように、仕事面だけでなく生活面でも役立つ知識であることが、FP3級の試験に対する注目度が高まっている要因と言えるのです。

関連記事FP(ファイナンシャルプランナー)2級試験に必要な受験資格とは?
講座バナー
講座バナー

FP3級を取得するメリットとは

FP3級を取得するメリットとは

FP3級は、FPの入門編と言える試験内容です。
はじめてFPの勉強をする人にとって、基礎知識が身についているかどうかを確かめられます。

FP3級で出題される内容は、暮らしに直結した内容も多く、年金・相続・生命保険など人生のターニングポイントにおいて悩む人が多い問題点も大きく関係しています。
主婦の方でFP3級の知識があれば、適切な対処法が取れるのがメリットです。

近年、FP3級を受験する学生の方も増えており、年代を問わずお金の管理に関心を持つきっかけになるケースも多くなっています。

ビジネス上のメリットは?

FP3級を取得しておくと、就職・転職に有利となるFP2級の受験資格を得られます。
FP2級の受験資格のうち、もっとも該当者が多いのが3級取得者です。
3級の取得だけでは、就職や転職のアピールポイントにしたり、実務で役立てたりするのは困難です。
そのため、2級取得の知識を深めるために3級で基礎知識を習得するのが有効的です。

FP2級の知識が求められる業種として、金融・不動産・保険などがあります。
これらの業種への就職・転職を検討している方は、まずFP3級試験に合格し、その後FP2級への受験にステップアップしていきましょう。

関連記事FPの年収を徹底調査!働き方によって変わる年収をご紹介
FPの仕事内容は多岐にわたる!資格を生かすために知っておこう
講座バナー
講座バナー

FP3級に合格するためのポイントは?

FP3級に合格するためのポイントは?

FP3級の試験内容が、私たちにとって身近な項目であることが分かりました。
3級の合格率は、他の試験と比べて高い傾向がありますが、確実に合格するにはどのような取り組みを行うと良いのでしょうか。

少しずつ知識を積み重ねていくのが大切

FP3級合格への道は、広く浅く勉強することです。
過去に出題された問題を、本番と同じ時間内で解く練習を繰り返すことで、同じような問題が出題される可能性が高いことに気づくかと思います。

ひとつの科目に集中するあまり、他の科目の勉強が疎かになってしまうと、試験結果にも影響が出てしまうかも知れません。
偏りなく、全ての科目を勉強するようにしましょう。

勉強の流れの一例として、まずテキストを一通り読み、問題集を解いたらもう一度テキストに目を通します。
さらに過去問題を解いて、テキストを読み込むことで、理解が深まり、学力の向上が見込めることでしょう。
他にも、ご自身が進めやすい勉強法を見つけていただきたいと思います。

関連記事FP3級合格には参考書選びが大切!選び方のポイントとは
FPの資格は独学で合格可能?独学を検討する際に覚えておきたいこととは

FP3級試験に効率よく合格するには?

FP3級の合格を目指すには、基本的な知識のマスターを最重要課題として取り組みましょう
とはいえ試験範囲が幅広いため、勉強を始めたばかりの段階ではどこから手をつけたらいいのか迷ってしまうかもしれません。

この場合には、まずテキストを一通り読み、その後問題集を解き、過去問題を解いてテキストで再度知識を深めるのが効果的です。
年月が経っているテキストでは、随時変更される法令に対応できなくなるため、最新版のテキストを使いましょう

過去問題は、本番と同じ時間設定で行うのが効果的ですが、1回分を解くのに3時間かかります。
これに、答え合わせや見直しの時間を含めると、4時間ほど見ておきたいものです。
過去に出題された問題は、繰り返し出される可能性が高いため、見直しをきちんと行うことで知識を増やせるようになります。

市販されているFP3級対策テキストは、きんざい・日本FP協会どちらの試験にも対応しています。
中身を一通り確認してみたうえで、自分が理解しやすいと思えるテキストを選びましょう。

関連記事FP3級に合格するための勉強時間はどのくらい必要?目安を詳しく解説
FPの資格は独学で合格可能?独学を検討する際に覚えておきたいこととは

FP資格を取得するならキャリカレがおすすめ

FP資格を取得するならキャリカレがおすすめ

FP3級試験の難易度は比較的やさしいものの、初めて受験する方にとっては合格できるか不安があるのではないでしょうか。
そこでおすすめしたいのが、キャリカレの2級・3級FP技能士合格指導講座です。ここでは、講座の特徴を詳しくご紹介します。

圧倒的な低価格

キャリカレでは、手頃な価格設定でFP講座を提供しています。
一般的に60,000円以上かかる通信教育が多いなか、キャリカレならインターネット申込:40,700円で受講可能です。
費用を抑えて資格を取得したい方や家計に負担をかけたくない方に向いています。

初心者でも最短3か月で取得可能

本講座は、2級・3級両方の試験対策として、初心者でも3か月でできるカリキュラムを構成しています。
FP試験に精通した講師が監修し、仕事や家事などと両立しながら取り組めるようになっているのが嬉しいポイントです。

教材は映像講義を中心に作成しており、テキストだけでは理解できなかった部分をPCやスマホから映像講義を視聴し学ぶことができます。
すき間時間でも利用できるので、有効に活用してみましょう。

万が一不合格だった場合、受講料を全額返金

もし不合格だった場合でも、受講料を全額返金しています。
「お金が無駄になったらどうしよう」という不安がある方でも、安心して取り組めるようになる嬉しいサービスです。

合格した場合、2講座目を無料で受講できる

見事合格できた場合には、キャリカレでの2講座目を無料で受講できます。
ビジネス資格の講座を数多く開講しているため、ダブルライセンスやスキルアップをコストゼロで目指すことが可能です。

日本FP協会や金融財政事情研究会の実技試験に対応している

キャリカレでは、金融財政事情研究会(きんざい)の実技試験に対応しています。
2級の個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務、3級の個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務 の対策ができるため、きんざい実施の試験を受験する方にもぴったりの講座です。

講座について詳しく知りたい方は、下記のリンクをぜひ確認してみてください。

おすすめFP講座はこちら

まとめ

FP3級の合格率は非常に高く、独学でも合格できる試験とはいえ、分からないところがあったりすると、勉強も進まないばかりか、間違ったまま覚えてしまって不合格になることもあります。

そのため、確実に合格を目指したいなら、通信講座や通学で勉強するのがおすすめです。
毎日仕事や家事で忙しいという方やはじめて勉強する方は、資格のキャリカレの「FP講座」で学んでみてはいかがでしょうか。

通信講座ですので、いつでも自分で時間を作って勉強することができます。
またFP3級合格を目指す通信講座の中で、きんざいが実施する実技試験に対応しているのはキャリカレのみです。

保険に関する仕事に就きたい、もしくは実技試験で「生保顧客資産相談業務」の選択を考えている方は、ぜひキャリカレの教材をお役立ていただければと思います。
ネットから申し込みなら割引もあります。
興味を持たれた方は、まず無料案内資料の請求をおすすめします。

おすすめFP講座はこちら

関連記事を見る

未経験からでも大丈夫!
3ヶ月で2級・3級に合格できる!