行政書士試験の過去問と解答【年度別2021-2012年】

行政書士試験の過去問と解答【年度別2021-2012年】 

行政書士試験の過去問題と解答を令和3年度(2021年)~平成24年度(2012年)まで年度別に公開しています。

目次

講座バナー
講座バナー

令和3年度(2021年)行政書士試験の過去問題・解答

行政書士試験問題
※問題1・7・58~60については著作権の関係から掲載しておりません。

行政書士試験問題の解答

出典:行政書士試験研究センター

令和2年度(2020年)行政書士試験の過去問題・解答

行政書士試験問題
※問題1・5・58~60については著作権の関係から掲載しておりません。

行政書士試験問題の解答

出典:行政書士試験研究センター

令和元年度(2019年)行政書士試験の過去問題・解答

行政書士試験問題
※問題1・20・58~60については著作権の関係から掲載しておりません。

行政書士試験問題の解答

出典:行政書士試験研究センター

平成30年度(2018年)行政書士試験の過去問題・解答

行政書士試験問題
※問題1・7・58~60については著作権の関係から掲載しておりません。

行政書士試験問題の解答

出典:行政書士試験研究センター

平成29年度(2017年)行政書士試験の過去問題・解答

行政書士試験問題
※問題1・6・58~60については著作権の関係から掲載しておりません。

行政書士試験問題の解答

出典:行政書士試験研究センター

平成28年度(2016年)行政書士試験の過去問題・解答

行政書士試験問題
※問題58~60については著作権の関係から掲載しておりません。

行政書士試験問題の解答

出典:行政書士試験研究センター

平成27年度(2015年)行政書士試験の過去問題・解答

行政書士試験問題
※問題4、58~60については著作権の関係から掲載しておりません。

行政書士試験問題の解答

出典:行政書士試験研究センター

平成26年度(2014年)行政書士試験の過去問題・解答

行政書士試験問題
※問題58~60については著作権の関係から掲載しておりません。

行政書士試験問題の解答

出典:行政書士試験研究センター

平成25年度(2013年)行政書士試験の過去問題・解答

行政書士試験問題
※問題58~60については著作権の関係から掲載しておりません。

行政書士試験問題の解答

出典:行政書士試験研究センター

平成24年度(2012年)行政書士試験の過去問題・解答

行政書士試験問題
※問題58~60については著作権の関係から掲載しておりません。

行政書士試験問題の解答

出典:行政書士試験研究センター

関連記事令和4年度の行政書士試験日はいつ?2022年試験情報
行政書士試験の難易度・合格率は?必要な学習時間は?
独学で行政書士試験に合格できる?勉強時間の目安や学習方法を紹介
講座バナー
講座バナー

過去問の効率的な活用法は?

過去問の効率的な活用法は?

過去の問題と解答を挙げてきましたが、いざ勉強を行う際にはやはり問題集を揃えるほうが無難です。
そして、その活用にあたっては、学習効率を上げるために下記を意識することが重要になります。

テキストを併用して解く

過去問は、テキストを読んでから解くのがおすすめです。
論理的な理解をせずに問題を解いても、深いインプットには繋がりません。

また、仮に理解の足りない状態で問題を解き正解を出してしまえば、その分野の学習の手を緩めてしまうことも考えられます。
こうなれば、実際の試験で違った視点で出題された場合に、全く解けないという事態にもなりかねません。

過去問は必ずテキストとセットで活用するようにしましょう。

ちなみに、過去問を解いた際に悩んだり分からなかったりした問題に対しては、再度テキストを読んで理解を深めることも大切です。

科目別に解いていく

問題集によっては、科目別にまとめられている肢別型も存在します。
そして、過去問を解き始める際には、まずはこの肢別型を利用して科目ごとに解いていくことがおすすめです。

分野ごとに解いていくことで、苦手な分野を把握することができます。
苦手な分野を把握できれば、そこに重点を置いた効率的な勉強が可能になるのです。

ほかにも、分野ごとに網羅的に学習できるといった利点もあります。

最終的に年度別の過去問を解く

問題集には、試験問題を年度ごとにまとめたタイプも見られます。
なお、このタイプは学習を一通り終えたあと、最終的に取り組むのがおすすめです。

年度ごとの試験内容がそのまま収録されているため、実際の試験のような感覚で勉強の成果を確認することができます。
また、同時に試験問題の傾向も掴めるでしょう。

ちなみに、年度別問題集は直近5〜10年分が収録されたものが望ましくなります。

関連記事行政書士試験の対策として選ぶ参考書の種類・勉強の進め方を徹底紹介

行政書士資格を取得するならキャリカレがおすすめ

まとめ

行政書士資格を取得するなら、キャリカレの行政書士資格取得講座がおすすめです。
難関といわれる行政書士試験に一発合格を目指せるカリキュラムで講座を実施しています。
ここでは、行政書士資格取得講座の魅力を見ていきましょう。

合格した場合、2講座目を無料で受講できる

講座を受講し、行政書士試験に合格した場合、2講座目を無料で受講できます。
社労士や宅建士など行政書士と相性の良い資格講座も開講しているため、お金がかからずにダブルライセンスを目指せるのが魅力です。

講師によるマンツーマン指導

行政書士資格取得講座では、講師によるマンツーマン指導を行っているため、直接質問できます。
疑問点やわからないところを直接解説してもらえ、すばやくかつ正確に疑問を解決できるのがポイントです。
個別指導は、インターネット環境があれば、いつでもどこでも利用できます。

初心者でも最短4ヵ月で取得が可能

独自の試験対策法を身につけられるカリキュラムによって、初心者でも最短4ヵ月で資格取得を目指せます。
マンツーマン指導やスタッフによるサポートなどもあり、効率的に勉強に取り組めるのが魅力です。

万が一不合格だった場合、受講料を全額返金

講座を受講した上で万が一不合格だった場合は、受講料を全額返金しています。
初心者でも失敗を恐れずにチャレンジできるので、安心して試験勉強に取り組んでみましょう。

行政書士資格取得講座の詳細は、下記のページも参考にしてみてください。

おすすめ行政書士講座はこちら

まとめ

まとめ

過去問を繰り返し解くことで、
・どんな試験なのか理解できる
・試験に出やすいところがわかる
・出題傾向がわかる
・出た問題なので集中して覚えやすい
・時間配分や解く順番など練習できる
・今の実力がわかる
などのメリットが得られます。

自分がどの分野が苦手なのか、何がわからないのかを理解できるので、これからの対策もしっかりできるようになります。
そのため、まず最初に過去問を解いて、傾向を理解してから勉強をはじめるというのもよいでしょう。

また、これから勉強をはじめる方におすすめしたいのが、過去問を徹底分析した教材で学べるキャリカレの「行政書士講座 」です。
わかりやすさはもちろんですが、不明点は講師に何度も質問することができるので、一人では解決できない難題もサッと解決できます。

案内資料は無料で請求できますので、この機会にキャリカレで勉強をはじめてみてはいかがでしょう。

おすすめ行政書士講座はこちら

関連記事を見る

講座バナー
講座バナー
不合格なら全額返金!
一発合格を目指すなら!