学習応援キャンペーン 学習応援キャンペーン

調剤薬局事務の資格は独学で取得できる?独学で取得するメリットや方法も解説

調剤薬局事務の資格は独学で取得できる?独学で取得するメリットや方法も解説

調剤薬局事務資格の取得を目指している方の中には、独学で取得しようとしている方も多いのではないでしょうか。ここでは、調剤薬局事務の資格を独学で取得できるのかから始め、独学で取得するメリットや勉強法まで詳しく解説します。

目次

調剤薬局事務の資格を独学で取得できる?

調剤薬局事務の資格を独学で取得できる?

結論から述べると、調剤薬局事務の資格は独学でも取得できます
一見、仕事の性質や働く場所から独学は難しいように感じますが、勉強の仕方次第で自宅での学習だけでも取得可能です。

ただし、後述で触れますが、独学で取得できる資格と取得できない資格があります
実務経験を求められたり、講座の修了が条件になっていたりする資格は、独学だけでは資格を取得できません。
独学で調剤薬局事務の資格取得を目指す際は、どの資格を取得するか、どのように勉強を進めるかが重要です。

関連記事調剤薬局事務の仕事とは?未経験でも大丈夫?必要な資格や向き不向きを解説!
調剤薬局事務の給料は15~18万円!年収ややりがいなど医療事務との差は?

調剤薬局事務の資格を独学で取得するメリット

調剤薬局事務の資格を独学で取得するメリット

調剤薬局事務の資格は独学でも取得可能です。
資格スクールや通信講座などの方法もある中で、独学での取得にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、2つのメリットと気を付けたいデメリットを解説します。

費用を抑えられる

調剤薬局事務の資格取得を目指す場合、必要な費用はテキスト代と受験費用の2つです。
テキストは1冊数千円程度ですので、複数のテキストや過去問題集を購入しても、1万円以内に収まるでしょう。

資格スクールや通信講座を利用する場合は、自分でテキストを購入するよりも費用がかかり、スクールに通うとなると交通費などのコストも必要になります。
資格取得までできるだけお金をかけたくない人や、資格スクールや通信講座に通う余裕がない人は、少ない費用で済む独学で勉強するのがおすすめです。

自分のペースで勉強できる

独学では、勉強のペースを自分で決められるのがメリットです。
学習に使える時間を把握して、自分に合ったスケジュールで試験当日まで勉強を進められます。

仕事や家事が忙しく、資格スクールに通ったり、通信講座を受けたりする時間がない人でも、すき間時間を見つけて合格を目指せるのがポイントです。

デメリットにも注意しよう

費用を抑えつつ自分のペースで勉強できるのはメリットですが、自分でスケジュールや進捗などを把握・管理しなければならないのはデメリットです。

例えば、スケジュールが上手く組めずに過去問題に取り掛かれないと、試験問題の傾向をつかめずに点数を落としてしまうでしょう。
良くも悪くも自分次第ですので、スケジュールをしっかりとたてて、モチベーションを維持しながら勉強に取り組むことが大切です。

また、勉強でつまずいたときに、すぐに解決できないこともデメリットといえるでしょう。
スクールや通信講座などでは質問ができますが、独学の場合は周りに詳しい人がいなければ聞くことができません。

間違ったまま覚えてしまうと、試験で失敗してしまいます。
困ったときに解決できるように、頼りになる人を見つけたり、情報サイトを探したりするのがおすすめです。

関連記事調剤薬局事務と医療事務はどっちがいい?違いを理解して向いている方を選ぼう

調剤薬局事務の資格は独学で取得できるものと取得できないものがある

調剤薬局事務の資格は独学で取得できるものと取得できないものがある

調剤薬局事務の資格はいくつか種類があり、中には独学では取得できないものもあります。
独学で取得できる資格、取得できない資格と合わせて、おすすめの資格をご紹介するので、どの資格を取得するか検討する際に役立ててみましょう。

独学で取得できる資格

独学で取得できる調剤薬局事務の資格は、以下の3つです。

  • 調剤事務管理士
  • 調剤事務実務士
  • 調剤報酬請求事務専門士

・調剤事務管理士

調剤事務管理士は、技能認定振興協会が試験を実施しています。
保険調剤の仕組みや調剤報酬の請求などのスキルを証明でき、薬局の運営をサポートするために役立つ資格です。

試験内容は、法律や規制に関する知識を問う学科試験、レセプト点検などの実技試験となっています。
特別な受験資格は必要なく、比較的合格率は高いので、独学でも合格を目指せるのが嬉しいポイントです。

・調剤事務実務士

調剤事務実務士は、NPO法人 医療福祉情報実務能力協会が認定している資格です。
学科試験と実技試験があり、調剤の報酬請求事務に関する知識を問われます。

こちらも受験資格は特になく、独学で取得可能です。
報酬請求事務のスキルを習得できるので、現場で即戦力として活躍できるでしょう。

・調剤報酬請求事務専門士

一般社団法人専門士検定協会が実施しているのが、こちらの資格です。
レセプト作成能力を重視しており、学科試験と実技試験でスキルや知識を問われます。

受験資格は設けられていないものの、1~3級まであり、1級は合格率が2割程度なので、独学では難しい場合もあるでしょう。
勉強に使える時間や学力などに合わせて、自分に合った級を受験することが大切です。

独学だけで取得できない資格

独学だけで取得できない資格は、以下の4つです。

  • 調剤薬局事務資格(JADP)
  • 調剤報酬請求事務技能認定
  • 調剤薬局事務検定試験
  • 医療保険調剤報酬事務士

調剤薬局事務資格(JADP:一般財団法人日本能力開発推進協会)では、調剤薬局事務資格試験を実施しています。
独学だけでは受験できないものの、協会指定の認定教育機関のカリキュラムを受講し、カリキュラム開始後から1年以内であれば受験可能です。

調剤報酬請求事務技能認定は、日本医療財団が指定するカリキュラムの受講・修了、調剤薬局事務検定試験は、通信コースまたは通学コースの講座の受講・修了、医療保険調剤報酬事務士は、医療保険学院の講座の受講と中間テストの合格がそれぞれ求められます。

自宅での学習に加えて、講座の受講・修了が必要ですが、合格率は比較的高く難関ではありません。
スケジュールに余裕がある人は受験を検討してみましょう。

おすすめ資格は?

おすすめの資格は、調剤薬局事務資格(JADP)です。
認定講座のカリキュラムを受講すれば、効率よく試験に必要な知識を身につけ、合格を目指すことができます。

こちらの資格の認定講座は、資格のキャリカレの調剤薬局事務講座です。
2ヶ月の短期速習の講座で、充実の教材セット2冊を使って初学者でも安心して勉強を進められる点が魅力です。
また、丁寧な学習サポートや在宅受験など、資格取得に嬉しいサービスも豊富です。

関連記事調剤薬局事務資格がとれるおすすめ講座を見る

調剤薬局事務の資格を独学で取得する方法

調剤薬局事務の資格を独学で取得する方法

独学で取得できる調剤薬局事務の資格を目指すときに、やみくもに勉強をしてしまっては失敗してしまうでしょう。
計画的に勉強を進めることが合格への近道です。
ここでは、独学で資格を取得するための方法を3つご紹介します。

受験する資格を決める

まずは、受験する資格を決めましょう。
独学で取得できる調剤薬局事務の資格は3種類あるので、どんなスキルを身につけたいかで選ぶことが大切です。
資格が決まったら、学科試験や実技試験の内容を把握し、何を勉強しなければならないかを把握しましょう。

勉強方法を決める

独学での受験は、自分に合った勉強方法を決められるのがメリットです。
毎朝1時間テキストを読む、仕事帰りに問題を解くなど、自分に合った勉強スタイルを決めましょう

勉強方法のひとつとして、過去問は必ず取り組むべきです。
問題の傾向をつかんだり、似た問題を解けるようになったりすることで、試験本番で点数を取りやすくなります。

試験までのスケジュールを計画する

受験する資格の試験日を確認し、当日までのスケジュールを計画しましょう。
いつまでにテキストを理解し、いつから過去問に取り組むかなどを細かく決めておくと、試験まで焦ることなく勉強を進められます。

試験直前で勉強が終わる計画ではなく、復習や苦手分野の解決などの時間も確保しておくと、得点につなげやすくなるでしょう。

関連記事調剤薬局事務と医療事務はどっちがいい?違いを理解して向いている方を選ぼう

まとめ

調剤薬局事務の資格は、資格によっては独学だけでも取得できます。
合格するためには、受験する資格を決めた上で、勉強方法や試験までのスケジュールを考え、計画的に勉強することが大切です。

しかし独学で勉強をするのが苦手という方も多いのではないでしょうか、また、どうせ資格を取得するなら価値ある資格を取得したいという方もいらっしゃると思います。

そんな方におすすめしたいのが、資格のキャリカレを修了して受験資格が得られるJADP認定の調剤薬局事務資格です。
価値ある資格が取得できるということはもちろん、資格のキャリカレは通信講座ですので、何度でも無料の質問サポートや学習スケジュールまで指導してくれるので、一人で学習するのは不安という人にも安心です。

また、独学だけでは取得できないものの、2ヶ月の速習プランとなっているので、できるだけ早く資格を取得したい人にもぴったりです。
この機会に資格のキャリカレで学び、調剤薬局事務資格を取得してみてはいかがでしょうか。

おすすめ調剤薬局事務講座はこちら
関連記事を見る
キャリカレなら
未経験でもムリなく資格がとれる!