食に関する資格なら【キャリアカレッジジャパン】食育総合W資格取得講座のご紹介です。

食育アドバイザーとは?

資料請求(無料)

受講お申込み

ネット申し込みなら1万円割引!

ご家庭や地域、社会で求められる!頼れる食育の専門家です!

食育アドバイザーとは?

食育アドバイザーは、食育や栄養学の正しい知識を持ち、食の大切さを伝える力を持ったスペシャリスト!その知識とスキルで、ご家庭はもちろん、子どもに食の楽しさを伝えたり、正しい食や栄養の知識を身につけてもらうために教室を開いたりと、食育の専門家として、さまざまな活動を行うことのできる存在です。

食育アドバイザー

「食育」の普及・推進を担う新しい力として期待されています!

食育基本法」が制定され、国を挙げた推進もますます活発になっています。そんな中で、次世代を担う子どもたちのためにも、ご家庭はもちろん、地域、教育現場など、身近な場所で「食の大切さ」を伝えることのできる存在が必要です。食育アドバイザーは、栄養学などの科学的な根拠をもとに、私たちにわかりやすく「食の大切さ」を伝え、「食育」の普及・推進を担う新しい力として、その存在を期待されています!

「食育」の普及・推進を担う新しい力として期待されています!

食育を総合的に学ぶことで、こんな疑問も的確にアドバイスできます!

総合的に学習することで、生徒さんからの疑問や質問も的確にアドバイスができるように!「成長期の子供に必要な栄養素は?」「肥満を改善する食事は?」といった、具体的な疑問にもわかりやすく答えることができます!

  • 子どもの食事
  • 症状改善
  • 栄養素
  • 病気予防
  • 食の大切さ
  • 年代別の食事

例えば!:子どもの食事についての疑問に答える

6~11歳は、身長が伸び、筋肉量が増えるなど、骨や筋肉が著しく成長する時期なので、たんぱく質カルシウムを意識してとるようにしてください。また、この時期はファストフードスナック菓子など脂質や糖質の多い食品を好む傾向にあります。
こうした食品は、虫歯や肥満につながるので、とり過ぎに注意が必要です。この時期からの肥満予防が、成人後の生活習慣病の予防にもつながります。

本講座で学べば!

ママからの質問が多い、「成長期の子どもの食事」についても、必要な栄養素の説明を交えながら、わかりやすく解説。体の変化や留意点と合わせて理解できるので、より的確なアドバイスができるようになります。

トップへ戻る

例えば!:症状改善についての疑問に答える

高脂質、高カロリーの食事や食べ過ぎなどの食習慣を見直しましょう。朝食の欠食夜に多く食べるなどの不規則な食習慣も肥満の原因となります。1日3食をきちんととり、就寝の2時間前は食事をとらないようにしましょう。
また、よく噛んで食べると少量でも満腹感が得られるので、食べ過ぎを防ぐことができます。運動不足の解消も必要です。軽く汗をかく程度の有酸素運動を行いましょう。

本講座で学べば!

糖尿病や高血圧、動脈硬化、心疾患、がん、更年期障害、貧血、風邪など、さまざまな症状に合わせた食事に関する知識が身につくので、アドバイザーとして幅広い世代に適切なアドバイスができるようになります。

トップへ戻る

例えば!:栄養素についての疑問に答える

糖質は脳や神経系の唯一のエネルギー源なので、不足すると脳の働きが衰え、思考力の低下集中力の低下につながります。
また、ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わるときに必要な栄養素です。不足すると糖質をエネルギーに変えることができないので、疲れやすくなってしまいます。
ビタミンB1の豊富なウナギ豚肉を使ったレシピ、夜食であればタラコ入りのおにぎりなどがよいでしょう。

本講座で学べば!

三大栄養素、五大栄養の基礎理論の習得はもちろん、ビタミンB1や葉酸、パントテン酸、機能性成分など、あらゆる栄養素の摂取基準、含有量、過不足の問題といった多彩な知識を身につけることができます。

トップへ戻る

例えば!:病気予防についての疑問に答える

たとえば、高血圧の場合はナトリウムの摂取を控えなければいけませんし、骨粗しょう症を予防するためには、カルシウムやリン、マグネシウムビタミンDなどが不足しないよう注意が必要です。
そのほか、体内で発生する活性酸素を除去するビタミンAビタミンCビタミンEもオススメです。活性酸素は体内の脂質を酸化させ、それが進行するとがんや動脈硬化の原因にもなります。

本講座で学べば!

基礎的な栄養学の学習はもちろんですが、テレビやニュースでよく耳にする抗酸化作用についても、栄養素や食品の紹介を交えながら理解することができます。

トップへ戻る

例えば!:食の大切さについての疑問に答える

行事食は昔の人が考えた「健康に生きてゆく」ための知恵があるといわれています。そして、子どもたちが、優しく、健やかに、心豊かな人に育って欲しいという「願い」が込められているんですよ。そんな行事食に込められた意味を考えながら食べることで、食に対する興味・関心も持ってもらえるきっかけとなります。
小物やテーブルコーディネートを工夫すると、子どもたちの興味も湧きやすくなります!

本講座で学べば!

アドバイザーとして、実際に食育イベントを開催できるように、企画の立て方や進行方法、集客方法などの具体的なノウハウまで学習できます。

トップへ戻る

例えば!:ライフステージについての疑問に答える

つわりがひどく、食欲がないときには無理をせず、好きなものを食べたい時に食べるようにすればよいでしょう。
妊娠中の食事面での注意点としては、胎児の骨や歯の成分となるカルシウムと鉄欠乏性貧血を予防するためのをしっかりと摂取するよう心がけましょう。
そのほか、胎児の奇形リスクを高めるビタミンAの過剰摂取や、妊娠中毒症のリスクを高める塩分の過剰摂取には注意が必要です。

本講座で学べば!

子どもから大人まで幅広い世代に、食育活動ができるように、それぞれの年代別に「食事のとり方」を詳しく理解することができます。

トップへ戻る

“おうち教室”を開くこともできる!専門知識&スキルを使った「多彩な生かし方」をご紹介

受講費用

ネットからのお申し込みで!

1万円OFF

ネットお申し込み限定価格

54,000円(税別)

分割払い例 月々2,820円×24回

※通常価格 64,000円(税別)
分割払い例 月々3,340円×24回

費用の詳細について

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み
  • よくある質問
  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
TOPへ