調剤薬局事務とは

患者の受付から、データの作成・管理に、
薬剤師のフォローまでこなす、
薬局事務のスペシャリストです。

かかりつけの薬局で、いつも笑顔で迎えてくれる。
そんな身近な存在の調剤薬局事務。
事務職とはいえ、患者の命に関わる業務だけに、一般のオフィスでは得られない、
専門の知識や技術、経験が身につく、やりがいのある仕事です。

医療事務との違いは?

  • 勉強範囲もわずか!
    調剤薬局事務は「薬局」で「薬」のことだけを扱います。

    医療事務の主な職場は「病院」ですが、調剤薬局事務の職場は「薬局」です。
    また診療行為のすべてを扱う医療事務に対し、
    調剤薬局事務は、薬に関すること(調剤と投薬)だけを扱います。
    そのため必要な知識も限定され、資格の難易度も低く
    知識ゼロからでもムリなく学習でき、資格取得まで目指せます。

  • 初学者からでも安心してはじめられる!初学者からでも安心してはじめられる!
  • 仕事で扱う分野仕事で扱う分野

仕事内容は?

  • 日々の仕事は、患者の受付・会計と処方せんなどのデータ入力。
    さらに、月に一度の調剤報酬請求が主な業務です。

  • • 受付 •
    薬局に来店した患者から処方せんを受け取り、保険証を確認。薬の処方を薬剤師へ依頼します。
  • • 会計 •
    処方せんの内容に従って調剤にかかった費用を算出、患者へ自己負担額の請求を行います。
  • • 薬歴簿作成 •
    薬の組み合わせによって発生する副作用を防ぐために、処方した薬や時期、服薬指導などを記録した「薬歴簿」を作成。新たに処方された薬の履歴を入力、適切に管理します。
  • • 処方せん入力 •
    処方内容をパソコンに入力、患者の「調剤録」を作成します。法律で保管が義務付けられている、大切なデータの管理も重要な仕事です。
  • • 調剤報酬請求(レセプト業務)
    国民皆保険制度により、医療にかかった費用の原則3割は患者負担となり、残りは保険者(国民健康保険や保険組合)が負担します。そこで調剤にかかった費用の保険者負担分を算出し、調剤報酬明細書(レセプト)を月に一度作成し、保険者へ請求します。

活躍の場は?

  • 薬局の店舗数はコンビニ以上
    働く場所は自宅近くに!
    医薬分業が進み、活躍の場は広がっています。

    医薬分業とは、薬の処方と調剤を分離し、それぞれを医師と薬剤師が分担して行うこと。
    外来で処方せんを受け取った患者が、院外の薬局で調剤を受けた割合を示す「医薬分業率」が、
    2016年にはおよそ70%に近づき、完全分業が進んでいます。
    またドラッグストアでも、多店舗展開と共に調剤併設店が増え、
    調剤薬局事務の需要は、ますます高まっています。

  • 勤務できる調剤薬局は全国に58,000店以上に!
  • 処方せん枚数の推移
  • 高齢化に伴い医療費は増大。医薬分業も進み、薬局の仕事も増えます。
image description

\さあ、キャリカレではじめよう!/調剤薬局事務講座

ネットからのお申し込みで1万円割引!

一括払い(税別) 29,000

分割払い 月々1,510円×24回(24ヶ月)

※通常価格39,000円 / 分割払い例 2,300円×24回