「終活」に関する資格なら【キャリアカレッジジャパン】終活ライフケアプランナーの資格取得のご紹介です。

人生のエンディングプランを一緒に考えるパートナー!一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)認定 終活ライフケアプランナー養成講座「学習期間わずか3ヶ月」

資料請求(無料)

受講お申し込み

お届けする教材

終活とは

実は「終活」という言葉は、平成21年に週刊朝日が発表した言葉です。当初は「人生の終わりに向けての事前準備」を意味していましたが、少しずつ意味合いが変わっていき、現在は「人生の終わりに向けての事前準備をしながら、これまでの人生を見つめなおし、残りの人生を自分らしく生き、自分らしいエンディングを迎えるための活動」を意味するようになっています。そして、そのサポートをするのが終活ライフケアプランナーなのです。

終活ライフケアプランナーの役割

終活ライフケアプランナーの役割

まず、人生の終わり、つまり「死」に向けての事前準備といっても、相続、遺言、保険、葬儀、お墓、介護など、実にさまざまな分野があるため、終活ライフケアプランナーには広く、専門的な知識が必要となります。また、サポートを必要としている方の中には、「死」に直面している方(ご家族)もいらっしゃるでしょう。そのような場合には、心理学やコーチングなどの専門知識・技術を使った関わりが求められる場合もあります。大変ではありますが、「人生の終わり」に関わる、とても大切な役割を担っているのが終活ライフケアプランナーなのです。

超高齢化社会の日本に最も必要とされている人材のひとつです!

超高齢化社会の日本に最も必要とされている人材のひとつです!

日本は典型的な少子高齢化社会です。65歳以上の人口が総人口の何割を占めているかによって、高齢化社会は3種類に分類されていますが、日本はその中でも最も高齢者人口率の高い超高齢化社会(高齢化率26.7%以上)に認定されています。2060年には高齢化率が約40%にまで増加するのではないかとも推測されています。さらに、終活は高齢者にとってひとつのブームとなっています。このような時代だからこそ、終活ライフケアプランナーはますます求められる人材になるといえるでしょう。

社会貢献と責任をあわせ持つ「やりがい」のあるお仕事!

社会貢献と責任をあわせ持つ「やりがい」のあるお仕事!

ひと昔前までは、死への事前準備を本人がするなどという考え方はありませんでしたが、現代は残された家族に迷惑をかけたくない、自分のことは自分で決めたいという風潮が強く、自分の死についても自分で考える時代となっています。高齢者たちのこういったニーズに応え、葬儀やお墓の準備はもちろん、財産や相続についてサポートする終活ライフケアプランナーの仕事は社会貢献性の高い、とても「やりがい」のある仕事といえるでしょう!

「キャリカレ」のここがスゴイ!楽しく学べる!技術が身につく!開業サポートも充実!

  • 分かりやすい続けられる! 教材とサポート
  • 大学教授、法律家 信頼の講師陣!
  • 開業後でも使える本格的 エンディングノート
  • 勉強は苦手!でも大丈夫 学習計画を細かく管理
  • 試験はテキストを見ながら! 在宅受験OK!

プロにも選ばれています! NEXT終活ライフケアプランナー養成講座の特長をご紹介

  • よくある質問
  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
ページトップへ