「任意後見人」「法定後見人」に関する資格なら【キャリアカレッジジャパン】身上監護アドバイザーの資格取得のご紹介です。

知識ゼロから「任意後見人」「法定後見人」として活躍できる:身上監護アドバイザー養成講座

資料請求(無料)

受講お申し込み

65歳以上の「4人に1人」が認知症に。超高齢化社会にもっとも求められる資格です。

「4人に1人」が認知症という計算に(予備軍含む)。超高齢化社会に突入した今、社会にもっとも求められる資格、それが「身上監護アドバイザー」です。

65歳以上の高齢者のうち、認知症の方は約462万人※1.
これは2012年別の厚生省研究班が発表した「305万人」を
大きく上回る結果となりました。
さらに、軽度認知障がい者も約400万人いることがわかり、
なんと「4人に1人」が認知症あるいは
その予備軍ということに※2。
超高齢化社会に突入した今、社会にもっとも求められる資格、
それが「身上監護アドバイザー」です。

※1:厚生労働相老健局/地域における認知症の人の見守り体制の構築について
※2:65歳以上の高齢者 約3384万人

認知症高齢者数:実態は予想を大きく上回る結果に!

今、注目の身上監護アドバイザーってこんな人!

“成年後見制度”を熟知したプロ!

成年後見制度とは、精神上の障がい(精神障がい、知的障がい、認知症ほか)などで判断能力が不十分になった人の社会生活を支援する人(後見人)を家庭裁判所で定め、その人らしい生活を送れるよう支援する制度です。 後見人には、元気なうちに契約を結ぶ「任意後見人」と判断能力が低下してから契約を結ぶ「法定後見人」が あり、身上監護アドバイザーは、その両方を担える専門家として期待されています。

判断能力が不十分な方にとってこれ以上ない大切な役割を担う存在!/高い社会貢献度!“こころ”を支え安心感を与えます。/誰からも“信頼される”存在!

実は・・・活動日数・時間が少ない仕事。

身上監護アドバイザーはこんな場面で大活躍しています!

地域密着型のサポートに/介護の現場で/福祉施設のコンシェルジュとして/病院・医療施設の相談対応に/官公庁などの窓口で/ご自身や家族の問題解決に

有資格所得者として、個人契約をして
地域の皆さまを支援しています。

入居者様の問題や入居前の説明など、
安心して暮らせる空間をサポートしています。

地域の皆さまが、住み慣れた場所で
安心して暮らせるよう支援しています。

発生するトラブルやお悩みに対して、
適切な助言で要介護者を支えています。

将来に不安を抱える患者様の心を
優しく解きほぐします。

金銭などのトラブル・もめ事をなくし、
円滑に管理業務を遂行しています。

キャリカレなら、知識ゼロからでも大丈夫!初学者から学んで「活躍!」できる6つの理由!

  • 万全の検定対策と講義・サポートを完備協会認定基準を満たした「認定校」です。
  • 後見制度って何?という「基礎の基礎」からきちんと学べます!
  • 実務スキルもラクラク身につく!「教材セット」がわかりやすい!
  • わからない箇所はスグに解消!「Facebookサポート」は講師と一緒に学べます!
  • 資格取得後も安心!「独立」も「就・転職」もしっかりサポート!
  • 安心と信頼を証明履歴書にも書ける「身上監護アドバイザー資格」を取得できます!
  • 身上監護アドバイザー講座が詳しくわかる!無料の案内資料はこちら

    資料請求(無料)

  • 今すぐ申し込み お申し込みはカンタン!

    受講お申し込み

  • よくある質問
  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
TOPへ