簿記の資格|簿記3級・2級の資格取得講座なら | 通信教育のキャリアカレッジジャパン

徹底分析!簿記検定

受講お申込み

ネット申し込みなら1万円割引!

合格への第一歩は、検定試験の特性についてしっかりと理解し、対策を立てること。
このページでは、簿記検定試験について徹底的に分析します!

目指すべき資格はどれ?4つの簿記検定

一言で「簿記」と言っても、簿記の試験には主催者別に4つの種類があります。

中でも、日本商工会議所が主催する簿記検定試験(日商簿記)は、現在実施されている簿記試験の中で最も規模が大きく、また歴史も古い検定試験となっています。知名度も高く、企業の採用担当者にも広く知れ渡っているため、これから簿記資格の取得を目指すなら、この日商簿記がオススメです。

どこまで取得していればOK?日商簿記各級のレベルは!?

日商簿記には1級から初級までのレベルがありますが、一般的に履歴書に書けると言われているのは3級以上となっています。また、経理部門としての求人の場合、多くの企業が2級合格を一つの目安としています。即戦力としての活躍を期待される中途採用の場合は2級合格が条件となりつつありますので、転職や復職のために簿記資格の取得を目指す方は、この2級合格を目標にしましょう。

級別 科目 レベル・程度 対象者
  商業簿記
会計学
工業簿記
原価計算
大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算ならびに会計学を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。
合格すれば、「税理士試験の受験資格が与えられる」「職業能力開発促進法の指導員資格試験で、事務科の試験科目の一部が免除される」などの特典がある。
●大企業経営向き
●会計指導者向き
  商業簿記
工業簿記
高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得している。財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できる。相手の経営状況もわかるので、株式会社の経営管理に役立つ。 ●中小企業経営向き
●会計主任者向き
  商業簿記 財務担当者に必須の基本知識が身につき、小規模企業の経理事務に役立つ。経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。 ●中小企業経理部門向き
●一般記帳者向き
●営業、管理部門向き
  商業簿記
(入門)
簿記入門編。小規模小売店の経理に役立つ。簿記の基礎用語や、複式簿記の仕組みを理解している。 ●商業簿記入門者向き
  工業簿記
(入門)
原価計算初学者向けの入門級。 ●工業簿記の入門者向き

試験の難易度は?受験者数と合格率の推移

本講座は、日商簿記の2級・3級に対応。ここでは、2級と3級の過去3年間の受験者数と合格率の推移をご紹介します。なお、各級とも100点満点のうち70点以上を得点すれば合格となり、他人の得点に関係なく自分の実力次第で合格を目指すことができます。

合格率は40%前後。合格率高めの簿記3級試験

3級試験の受験者数は、毎回約7万人~8万人。合格率は平均40%と、
比較的合格しやすい試験となっています。

受験者数 実受験者数 合格者数 合格率
149(2018.6.10) 101,173名 79,421名 35,189名 44.30%
148(2018.2.25) 102,212名 78,243名 38,246名 48.90%
147(2017.11.19) 113,559名 88,970名 35,868名 40.30%
146(2017.6.11) 102,077名 80,227名 40,880名 50.90%
145(2017.2.26) 105,356名 80,832名 38,289名 47.40%

※日本商工会議所ホームページより

合格率は20%前後。意外と合格しやすい!?簿記2級試験

2級試験の受験者数は、毎回約4万人~6万人。合格率は平均20%と、
4~5人に1人は合格できる試験となっています。

受験者数 実受験者数 合格者数 合格率
149(2018.6.10) 52,694名 38,352名 5,964名 15.60%
148(2018.2.25) 65,560名 48,533名 14,384名 29.60%
147(2017.11.19) 63,757名 47,917名 10,171名 21.20%
146(2017.6.11) 58,359名 43,767名 20,790名 47.50%
145(2017.2.26) 78,137名 60,238名 15,075名 25.00%

※日本商工会議所ホームページより

試験日はいつ?受験制限は?  気になる試験情報をチェック!

2級・3級試験の実施は、例年6月(第2日曜)、11月(第3日曜)、2月(第4日曜)の3回。受験資格も制限がないので、誰でも気軽に受けられる試験となっています。

主催団体 日本商工会議所、各地商工会議所
受験資格 特に制限なし
試験日 例年 6月(第2日曜)、11月(第3日曜)、2月(第4日曜)
※3級…午前、2級…午後
申込方法 申込受付方法は、商工会議所ごとに異なります。試験日の約2ヶ月前を目途に、受験希望地の商工会議所までお問い合わせください。
申込期間 商工会議所ごとに異なるため要確認(おおむね試験日前の2ヶ月前後)
受験料 2級 4,630円(税込) 3級 2,800円(税込)
申込方法 2級(商業簿記、工業簿記)
3級(商業簿記)
制限時間 2時間
合格基準 70%以上
合格発表 一定の据置期間経過後(試験日の1週間後~)、
商工会議所ごとに発表。

※合格発表の期日や方法、証書の受け渡し方法等は、申し込みの際に確認可能。
問い合せ先 最寄りの各地商工会議所にお問い合わせください。
検定試験ホームページ:http://www.kentei.ne.jp/

しっかりおさらい。申し込みから合格発表までの流れ

試験日と試験会場を確認

日本商工会議所のホームページから、
試験日と試験会場を確認する。
URL:http://www5.cin.or.jp/examrefer/bookkeeping

受験申し込み方法などを確認

試験日の約2ヶ月前になったら、受験希望地の商工会議所に「受験申し込み方法」「受験申込書の入手方法」「受験料の支払方法」などを確認する。また、合格発表の日時もここでチェック!

受験申し込み

受験希望地の商工会議所で、
受験申し込み手続きを行う。

試験当日

受験者本人であることがわかる
身分証明書の持参は忘れずに!

合格発表

受験した商工会議所から合格の発表!
※合否発表の日時や合格証書等の配布方法は、
商工会議所によって異なります。
※合格発表は試験日から15日後に行われます。

まだまだ気になる人は、よくある質問ページへGO!

「2級と3級の同時受験はできるの?」「採点結果は教えてもらえるの?」「試験で使える筆記用具は?」など、日商簿記試験に関するQ&Aをよくある質問ページで公開中!まだまだ気になる人は、こちらのページも併せてご覧ください!

よくある質問ページへ

出題傾向と対策 合格に直結する、出題傾向にあわせた効率的な学習方法とは!?

受講費用

ネットからのお申し込みで!

1万円OFF

ネットお申し込み限定価格

34,000円(税別)

【分割払い 月々1,640円~】
※通常価格44,000円(税別)

費用の詳細について

  • 受講お申し込み
  • 現在予約受付中!
    2019年度試験に完全対応した教材をお届けします!
    ※教材のお届けは2019年2月となります。
  • よくある質問
  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
TOPへ