賃貸不動産経営管理士とは

国家資格化されニーズも上昇
今注目の資格です!

賃貸不動産経営管理士とは

賃貸不動産経営管理士は賃貸住宅管理の適正化・健全化に貢献することを目的とした国家資格
賃貸住宅管理に必要な知識やスキルを持ち、アパートやマンションなどの賃貸住宅の管理を行うのが主なお仕事です。

賃貸住宅に住む人々にとって、安心・安全な生活の実現のために、管理が適切に行われることがとても重要です。
社会的な期待や要望に応えていくうえで、
賃貸住宅の管理に関する知識やスキルを有する賃貸不動産経営管理士の存在はとても重要になっています。

国家資格化されニーズは上昇中

2021年4月より国家資格化された賃貸不動産経営管理士。国家資格化されたことで社会的信用度も高い資格となり、近年、資格取得者のニーズが上昇しています。今後も高まることが予想されるので、取得しておきたい不動産関連資格のひとつといえるでしょう。

国家資格化されニーズは上昇中

設置義務があり求められる存在に

賃貸住宅管理業登録を行うには「業務管理者」の設置が義務づけられています。その業務管理者になるには、「賃貸不動産経営管理士」であることが要件のひとつとなります。業務を行う上でかかせない存在となり、資格取得者があらゆる場面で求められています

設置義務があり求められる存在に

賃貸不動産経営管理士の主な仕事内容

契約の管理

契約の管理

管理受託契約を締結する際の法令に基づく大家さんへの契約内容の説明など、業務管理者として管理受託契約の管理を行います。

賃貸住宅の管理

賃貸住宅の管理

管理受託契約や法令に基づく賃貸住宅の維持保全の実施や修繕計画の提案について、業務管理者として指導・監督を行います。

サブリース事業への貢献

サブリース事業への貢献

法令に基づく大家さんへの契約内容の説明など、賃貸不動産経営管理士の知識を活かし、サブリース事業の適正化に貢献します。

合格するならキャリカレ!
賃貸不動産経営管理士

今が学び始めるチャンス! 賃貸不動産経営管理士

ワンダープライスキャンペーン 6/3 23:59まで!

特別価格
一括払い
(税込)
61,800

分割払い 月々2,980円×24回

※ハガキ申込価格73,800円 / 分割払い例 3,560円×24回

※ハガキ申込価格とは、ハガキ・フリーダイヤル・FAX等、Webサイト(インターネット)以外からのお申し込みの際の、 各種割引(受講生割引、紹介割引、WEB申込割引)等が適用されていない価格を指します。
※ハガキ申込価格について、2024年5月15日に価格改定を行いました。詳しくはこちらをご覧ください。