介護食アドバイザーとは?

要介護者の食生活を支える
介護食作りのスペシャリスト!

  • 介護食とは?

    咀嚼力(食べ物を噛む力)や嚥下機能(飲み込む機能)に問題があると、うまく食べ物を食べられなくなります。そんな方のために、食べやすく調理を工夫したり、やわらかさや形状を調整した料理が「介護食」です。

    介護食のイメージ画像です。介護食のイメージ画像です。
  • 介護食作りには
    正しい知識とスキルが必要!

    訪問介護のお仕事では主に食事の支度、洗濯、掃除などを行う「生活援助」と、食事介助、入浴介助、着替えの介助などを行う「身体介護」の2種類に分けられます。中でも、介護食作りは「特段の専門的配慮をもって行う調理」として、「身体介護」に分類される場合がほとんど。嚥下障害などにあわせて食事を作るためには、正しい知識とスキルが必要になります。

    介護食作りのイメージ画像です。介護食作りのイメージ画像です。

介護食アドバイザーは
”介護食作り”のスペシャリスト!

介護食アドバイザーは、介護食の正しい知識と、高齢者一人ひとりにあわせた調理法を身につけ、
介護現場で活躍できる実践力を持った介護食のスペシャリスト
高齢者の安心安全な食生活を支え、”食べること”の楽しさ・喜びを伝えていくことができる貴重な存在です。

介護食アドバイザーがいるとみんなうれしい!介護食アドバイザーがいるとみんなうれしい!

  • 介護食の専門知識を持つ人材は
    ますます必要に!

    現在日本では、65歳以上の高齢者が26%を超える「超高齢社会」となっており、2060年には高齢化率が約40%にまで上昇すると予想されています。高齢化が進む今、高齢者の食に関する問題は多く、「誤嚥による事故や病気」など、さまざまな問題が起こっています。そんな問題を解決できる人材として、「介護食アドバイザー」が必要とされています。

    高齢化率の推移のグラフ画像です。

介護食の専門知識と
スキルがあれば
活躍の場はたくさん!

  • 介護・福祉現場のイメージ画像です。
    介護・福祉現場の
    お仕事で生かす!
    訪問介護のお仕事では、介護食の専門知識と調理スキルは必須。キャリカレでプロのスキルを身につければ、現場で必要とされる存在となり、給料アップも目指せます!
  • 飲食・食品業界のイメージ画像です。
    飲食・食品業界の
    お仕事で生かす!
    高齢化の影響もあり、介護食市場は拡大中。専門知識を持つ人材が求められている今、飲食・食品業界で新商品の開発など、身につけた知識を生かして活躍できます!
  • 家族のイメージ画像です。
    家族の安心安全な
    食生活に生かす!
    お仕事で生かせることはもちろん、ご家庭でも、高齢者に向けて介護食作りを実践できます。食事介助の方法も身につくので、いつでも安心安全な食事を提供できます。
  • 料理教室のイメージ画像です。
    料理教室を開校して
    悩み解決に生かす!
    介護食はいつもの料理とは違うもの。だから調理方法など、わからないことがたくさん…。知識を生かして介護食専門の料理教室を開校すれば、介護者の悩みを解決できます。
介護食アドバイザー

さぁキャリカレではじめよう! 介護食アドバイザー

ネットからのお申し込みで1万円割引!

一括払い(税別) 36,000

分割払い 月々1,880円×24回

※通常価格46,000円 / 分割払い例 2,400円×24回