介護コミュニケーションとは?

信頼関係構築に役立つ
介護施設で働く方の必須のスキル

介護コミュニケーションとは

介護の現場では、施設を利用する高齢者をはじめ、そのご家族同僚との円滑なコミュニケーションが欠かせません。
また、コミュニケーションなしでは日々の介護業務が成立しないといっても過言ではありません。
介護に携わる人にとって、高齢者との「コミュニケーション」は極めて重要なスキルとなっており、
敬語の使い方傾聴受容共感など、「介護コミュニケーション」のスキルを身につけることが必要とされています。

高齢者との会話で気をつけるポイント 高齢者との会話で気をつけるポイント

  • 敬語の使い方
    要介護者に敬意を表わす表現として、敬語を正しく使いこなすことが大切です。言葉使いを臨機応変に使い分け、敬意を払う意識が必要です。
  • 相手本位の話し方
    敬語を使いこなしても、介護者本位の言葉だと要介護者に満足してもらえないことがあります。相手の立場にたち、心配りや気遣いができることが大事なポイントとなります。
  • 相手と共感する
    相手の気持ちを受け取り、自分の気持ちをきちんと伝えることも大切です。言葉などから相手の本当の気持ちを読み取り、共感することが重要です。

このような高齢者との
コミュニケーションの際に
気を付けるべきポイントを、
事例を交えて
しっかりと身につけていきます。
学んですぐに現場で
生かせるスキル
ばかりなので、
仕事でもすぐに役立てられます。

さらに本講座なら

JADP認定
介護コミュニケーション
アドバイザー
資格
取得が目指せます。

本講座は、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)認定の「介護コミュニケーションアドバイザー資格」取得に対応。「介護コミュニケーションアドバイザー資格」は、介護で必要なコミュニケーションのスキルや、現場で起きるさまざまな出来事への対処法を身につけた証明となります。資格があればデイサービスでの食事サポート訪問介護の身体介護の時など、さまざまな場面で役立ちます。

知識&スキルの証明に
なることはもちろん
介護現場での教育や指導にも
生かせます。

資格があれば、高いコミュニケーション能力があることの証明となり、
介護の仕事をするときに自信につながるのはもちろん、就職や転職にも有利に。
同じ悩みを抱える同僚の相談相手にもなれるので、職場の人間関係を円満に導くこともできます。
さらにアドバイザーとして独立し、講演を行ったり、施設で指導したりとさまざまな場面で活躍できます。

  • 信頼度アップ
    高度なコミュニケーション力が身につくので、要介護者やそのご家族からも信頼される存在になれます。
  • 現場で同僚にアドバイス
    困っている同僚にアドバイスしたり、アドバイザーとして各施設で講演をしたりと、周りから頼られる存在になります。
  • 解決策を提案できる
    要介護者の悩みなどにも真摯に向き合えるようになるので、困りごとや悩みの解決方法を提案してあげることができます。
毎日のお仕事がもっと楽しくなる
介護コミュニケーションアドバイザー

今が学び始めるチャンス! 介護コミュニケーションアドバイザー

年内・一発合格応援キャンペーン 8/8 23:59まで!

特別価格
一括払い
(税込)
49,800

分割払い 月々2,400円×24回

※ハガキ申込価格78,800円 / 分割払い例 3,810円×24回

※ハガキ申込価格とは、ハガキ・フリーダイヤル・FAX等、Webサイト(インターネット)以外からのお申し込みの際の、 各種割引(受講生割引、紹介割引、WEB申込割引)等が適用されていない価格を指します。