トータルフードコーディネーターとは?

魅せる盛り付けや演出、メニュー開発を担う
「食」に関わるスペシャリスト!

今、多くの業界がトータルフードコーディネーターを求めています!

トータルフードコーディネーターは、「食」がテーマのビジネス全般にスペシャリストとして関わるお仕事です。
食に対する正しい知識を持ったトータルフードコーディネーターのニーズは、
企業だけでなく一般消費者からも、ますます高まっていくと期待されています。

  • トータルフードコーディネーターとは?

    具体的な仕事内容は、レストランのメニュー開発や食品メーカーの新商品開発、お店の食品売り場のイベント企画売り場改善など多岐にわたります。伝統的なテーブルマナーやコーディネートの基礎、魅力的な料理の見せ方などの知識を生かして、テレビ番組やCM、広告の分野で活躍している人もいます。また、店舗経営のコンサルタント料理研究家などの職種にも広がっています。

  • 時代は新しいスペシャリストを
    求めています!

    外食産業は成熟期を迎えています。個性化による競争の時代です。独自のメニューを開発し、独自のコンセプトでお客様に満足を提供するお店づくりができる人。時代はいま、そんな人材を求めています。2005年 食育基本法施行、2006年 食育推進基本計画策定など、国をあげて「食」への関心が高まり、社会的にも「食」に関する豊富な知識とセンスを持つスペシャリストが世に出るチャンスなのです。

  • 求められる能力①
    「食」についての幅広い知識

    飲食店の商品やメニューはお店の生命線です。その開発・演出を担当するのがトータルフードコーディネーターです。食材や栄養、調理法のほか、世界各国の文化・風土まで幅広い知識が求められます。

  • 求められる能力②
    マーケティング・マネジメントの知識

    新店舗の開発・経営は「利益」を生むためのすべてのプロセスを追求すること。市場分析からお店づくりのコンセプトに基づく商品開発調理オペレーション販売促進まで、ブレーンとしての総合的なコンサルティング能力が必要になります。

  • 求められる能力③
    スタイリングのセンス

    トータルフードコーディネーターは、最終局面でお客様の「おもてなし」をする総仕上げの仕事です。食器やカトラリー、グラスの選択、テーブルクロス、花一輪の添え方まで、食の空間をコーディネートする演出家としての能力が重視されます。

  • 求められる能力④
    ビジネスマインド

    飲食店を儲かる繁盛店にするにはまず看板メニューの開発従業員のサービスの差別化が必須。また食材の原価低減などにより、リピート客の増加の仕組みを完成させることで利益創造のサイクルを生み成功へ導きます。

トータルフードコーディネートの専門知識とスキルがあれば
活躍の場はたくさん!

  • 食の商品開発・メニュープランナーとして

    日々生み出される新商品やメニューの開発には、食材や栄養、調理法などのほか、世界各国の料理の歴史や文化まで幅広い知識を持った人材が活躍の場を広げています。

  • フードスタイリスト・テーブルコーディネーターとして

    食器やカトラリー、グラスの選択から照明、緑と花など、正しい知識で食のおもてなしを演出するスキルで、おもてなしの演出家として活躍できます。

  • フードライター・フードカメラマンとして

    社会的に影響力のある出版社や編集会社で、読者の興味を惹き付けながら食に関する正しい知識と感性をもって情報を発信できるスキルが生かされます。

  • キッチンスクールの講師・料理研究家として

    TVCMや雑誌広告などの料理や空間コーディネートなど、料理をより魅力的に見せる食のコーディネーターとして活躍することも可能です。

  • 飲食店のプロデューサー・コンサルタントとして

    競争の激しい外食・中食産業において、飲食店の経営や商品開発の専門知識を生かし、自分自身でお店を開きプロデュースすることもできます。

  • ご家庭や日常生活で活かす

    テーブルマナーやおもてなしの知識は、親しい友人を招いてのホームパーティや毎日のお弁当の献立作りなど日常生活の中で、存分に生かせます。

トータルフードコーディネーター

さぁキャリカレではじめよう! トータルフードコーディネーター

ネットからのお申し込みで1万円割引!

一括払い(税別) 36,000

分割払い 月々1,880円×24回

※通常価格46,000円 / 分割払い例 2,400円×24回