キャリカレで学べば

うつ病に悩む方々に
正しい支援を行えます!

~うつ病アドバイザーの関わり方~

うつ病患者や周囲の人々は、かなりの精神的負担を抱えています。
うつ病アドバイザーは学んだ専門的な知識を生かしながら、うつ病患者本人や周囲の人々が抱える心理的苦痛を少しでも軽くできるように関わっています。

  • うつ病の誤解をなくすよう努める

    うつ病の方やそのご家族・周囲の方と関わる際にまず意識しておかなければならないことは、うつ病に対する誤解をなくすこと。うつ病は、環境要因など自分ではどうにもできない要素が複雑に絡み合い、生きることに意味を見いだせなくなるほどの苦しみを感じさせる病です。そのため、深い苦しみを抱えるうつ病患者、またはそのご家族・周囲の人々に対して誤解を解くよう関わっていきます。

  • 早期発見・早期治療のため
    専門医につなげる

    うつ病アドバイザーの重要な役割は、早期発見・早期治療に結びつけるために、心療内科精神科などの専門の病院への“受診を促す”ことです。受診に行くことに逃げていると、症状が悪化することも。少しでも早く受診し、適切な治療を始めることが、本人のためにも、ご家族・周囲の人のためにもなるということをしっかり理解してもらえるよう支援していきます。

  • 主治医とうつ病患者の信頼関係をつなぐ

    主治医とうつ病患者の信頼関係をつなぐのも大切なお仕事の一つ。せっかく受診につながっても、薬の副作用が出たり、診療中に話を聞いてもらえないなどの理由から、医師への信頼を失い薬を飲むのをやめてしまったり、受診をしぶるケースがあります。そんなとき、薬の副作用について医師や薬剤師に相談するよう促したり、医師を信頼して薬を飲めば、症状は次第に軽くなることを説明するなど、信頼関係を回復する架け橋となります。

  • 家族や周囲の人と共に、
    うつ病患者との関わり方を考える

    うつ病患者のご家族や周囲の人は、「自殺してしまうのではないか?」「私の対応が悪かった?」という不安や自分を責めたりすることがあります。そんなとき、その方の不安イライラを聴き取り、心にゆとりができるよう関わるのも大切な役割の一つ。ご家族などが自分のせいで苦しんでいる様子を悟ると、うつ病患者の苦しみも倍増していきます。そうなる前に、ご家族や周囲の人と信頼関係を結び、どう関わればいいのかを一緒に考えていきます。

らくらく「おうち受験」に対応!
うつ病アドバイザー

期間限定特別割引! うつ病アドバイザー

12/19 (月)13:59まで|資料請求で割引価格からさらに2,000円OFF!|詳しくはキャンペーンをチェック!

一括払い(税込) 34,100

分割払い 月々1,640円×24回

※通常価格49,600円 / 分割払い例 2,390円×24回