登録販売者とは

ドラッグストアや薬局などで活躍する
市販薬のスペシャリスト!

  • 登録販売者とは?

    登録販売者は、薬剤師に次いで一般用医薬品(市販薬)を販売できる専門職。薬事法改正により、登録販売者を置けば一般用医薬品の約9割を販売できるようになったため、ドラッグストアはもちろん、売上の拡大を図るコンビニやスーパー、ホームセンターなどさまざまな業界で求められている資格です。

  • 生涯にわたって地域貢献できる
    地域の健康アドバイザー

    薬の専門知識を持つ登録販売者は、お客様に薬選びのアドバイスをするのが主なお仕事。経験を積めば積むほど多くのことを提供できるようになり、重宝される存在に!また高齢者の方の健康をサポートするなど、地域に根差して活動できるやりがいあるお仕事です。

  • 薬のスペシャリストとして
    専門知識を生かして働ける!

    薬の知識や経験が増えてくると、薬剤師に頼らなくても接客ができるようになったり、店内POPでよく効く風邪薬や栄養食品を特集するなど、お客様に役立つ情報を自ら発信できるようになります!

  • 市販薬の9割以上を販売できる!
    登録販売者は大きな戦力に!

    登録販売者は一般用医薬品(市販薬)のうち、危険度の高い第1類医薬品を除く第2類医薬品・第3類医薬品を販売できます。登録販売者が常駐していれば、市販薬の9割以上を取り扱うことができるため、薬剤師不足が深刻な今、薬販売のプロとして大きな戦力になっています。

  • 医療用の薬が
    市販薬でも使用可能に!

    規制緩和によって病院で処方される薬の成分(の一部)が市販薬でも使用可能になり、効果の高い薬が手軽に購入できるようになりました。反面、飲み方を間違えると副作用の危険も!そのため薬の専門家であり、店頭で注意喚起ができる登録販売者の役割は、ますます重要になっています!

薬剤師不足や薬の取扱い拡大により
活躍の場はどんどん広がっています!

  • ドラッグストアで

    ドラッグストア・薬局は実はコンビニより多く、店舗数はどんどん増加中。多くのお客様から頼りにされる安定の職場です。薬剤師のそばで、さらに知識を身につけることも。

  • コンビニで

    2、3日分の少量パックで薬を販売したり、ドラッグストアと融合した店舗を作るなど、さまざまな形で薬の販売が始まっており、有資格者は有利な条件下で採用されています。

  • スーパーマーケットで

    大型スーパーを始め、徐々に薬を取り扱うスーパーマーケットが増えてきています。登録販売者不足が解消されるまで、今後しばらく需要が期待できる業界です。

登録販売者

さぁキャリカレではじめよう! 登録販売者

ネットからのお申し込みで1万円割引!

一括払い(税別) 35,000

分割払い 月々1,830円×24回

※通常価格45,000円 / 分割払い例 2,350円×24回

【試験対策はこれでバッチリ!】
【登録販売者試験直前対策講座】開講中!