登録販売者とは?仕事内容・薬剤師など他資格との違いを解説

登録販売者とは?仕事内容・薬剤師など他資格との違いを解説

登録販売者って何?どんな場所で働くの?仕事内容は?といった疑問にわかりやすく解説。職場別の仕事内容ややりがい、メリット、登録販売者と他の資格の違いなど、登録販売者に関する気になる情報をたっぷりご紹介しています!

目次

1. 登録販売者とは?

登録販売者とは?

登録販売者とは、風邪薬や鎮痛剤などの第2類医薬品、第3類医薬品を販売できる専門的な資格です。
2009年までは、薬を販売できるのは薬剤師または薬種商販売認定試験に合格した人に限られていました。
しかし、薬事法改正により、薬剤師がいなくても登録販売者がいれば、スーパーやコンビニエンスストアなどでも薬を販売できるようになりました。

登録販売者が扱える医薬品は第2類医薬品、第3類医薬品に限られていますが、それだけで一般用医薬品の9割以上を占めるといわれています。
登録販売者が活躍する背景には、国がセルフメディケーションを推進していることも要因の一つとなっています。

登録販売者が販売できる医薬品の種類

セルフメディケーションで注目資格に!

セルフメディケーションとは、病気になったりけがをしたりしたときに、自分自身で判断して医薬品を使用し、健康の回復に努めることです。
そのうえで重要なのは、薬の使用法や使用するリスクなどを知り、ふさわしい薬を選べるようしっかりサポートしてくれる人の存在でしょう。

各自の健康は各自が責任を持つというセルフメディケーションの考えが浸透しつつある中、医薬品に関する深い知識を持つ登録販売者の活躍に、いっそう期待が高まっているのです。
実際、登録販売者の受験者数は増加傾向にあります。
求人も薬局やコンビニエンスストア、ホームセンターなど増加傾向にあり、登録販売者は社会のニーズにマッチした注目の資格であるということができます。

関連記事

登録販売者試験の難易度と合格率は?都道府県別実績もご紹介

2. 登録販売者資格を取得するメリット

登録販売者になるメリットはたくさんあります。ここでは、5つのメリットを紹介します。

メリット1:資格手当で給与・収入アップ

登録販売者の有資格者と無資格者では給与・収入面が異なります。
資格を持っていることで、毎月5,000~10,000円の資格手当を支給されることが多くなっています。
資格があることで、年間60,000~120,000円の給与・収入アップが見込めます。

メリット2:全国どこでも働ける

登録販売者の主な勤務先は、ドラッグストアやコンビニエンスストア、大型スーパーマーケット、調剤薬局などです。
いずれも全国どこに行っても見つけることができるので、身につけたスキルを活かしながら全国どこでも働くことができます。
また、経験を活かせるので、就転職も有利です。

メリット3:ライフスタイルに合わせて働ける

登録販売者資格は、有効期限がないため一度取得すると一生有効な資格です。
そのため、結婚や出産後はパートタイムで働き、子どもが大きくなったらフルタイムや正社員など、その時のライフスタイルにあわせた働き方を選択できるのも特長です。

メリット4:昇進に有利

ドラッグストアなどで店舗管理者になるには、登録販売者の資格を持っていることが必須条件となります。
そのため登録販売者資格を取得していれば、自分自身のキャリアアップにもつながり、昇進の道が開けることはもちろん、就職・転職も有利になります。

メリット5:家族の健康を守れる

登録販売者の知識があれば家庭でも活かせる。
たとえば、頭が痛いときにどのような薬を飲めばよいのか、また、副作用はどのようなものがあるのかといったことがわかるので、家族の健康を守るための適切な対応ができるようになります。

関連記事

登録販売者試験は独学でも合格できる?おすすめ勉強法を徹底解説
登録販売者の受験には実務経験が必要?2020年問題の内容と併せて解説

3.職場別の登録販売者の仕事内容

職場別の登録販売者の仕事内容

ドラッグストア

ドラッグストアで働く登録販売者の主な仕事内容は、お客様の相談にのって薬を選ぶうえでのアドバイスをすることです。
多くの場合、商品の品出しや陳列、在庫管理、レジ打ちなども仕事に含まれます。
一般的な給料は正社員で月収20~25万円、アルバイトやパートで時給1000~2000円(資格手当あり)ほどです。

調剤薬局

調剤薬局で働く場合は、処方箋に合わせた調剤は薬剤師が担当します。登録販売者は一般薬品の販売を担当し、処方箋の受付や調剤補助、レセプト入力などを行います。給料は正社員で月収20~27万円、アルバイトやパートで時給1000~2000円(資格手当あり)くらいが相場です。

コンビニエンスストア

風邪薬や解熱鎮痛剤などは24時間営業のコンビニエンスストアで購入する人も多く、コンビニエンスストアでの求人も増えています。
コンビニエンスストアで働く場合は、お客様の相談対応と一般薬品販売のほか、レジ打ちや在庫管理、店内清掃なども行います。

給料は正社員で月収20~35万円、アルバイトやパートで1000~1300円(資格手当あり)ほどです。
以下に医薬品の種類、対応できる資格、お客様への説明義務、相談への対応義務についてまとめます。

第1類医薬品 ・対応できる資格:薬剤師
・お客様への説明義務、書面での情報提供義務あり
・相談への対応義務あり
第2類医薬品 ・対応できる資格:薬剤師、登録販売者
・お客様への説明義務、努力義務あり
・相談への対応義務あり
第3類医薬品 ・対応できる資格:薬剤師、登録販売者
・お客様への説明義務なし
・相談への対応義務あり
関連記事

登録販売者の給料・年収は?働き方・勤務先による給料の違い・求人状況

4. 登録販売者のやりがいとは?

医薬品の専門家として活躍できる

登録販売者は、第1類医薬品の販売はできなくても、薬剤師同様、薬に関する相談に乗れるお薬のスペシャリストとして活躍できます
一般用医薬品を販売する薬局やドラッグストアなどで、お客様と接する機会が多いため、身につけた知識を十分に活かして働けます。
アドバイス後や再来店していただいた際に、お客様から「ありがとう!」と言ってもらえると、とてもうれしくやりがいにつながります

女性の活躍機会が多い仕事

登録販売者の有資格者は女性が多いため、正社員に限らず、パートや派遣などの働き方や、サポートし合える職場環境の整備など女性が働きやすい環境が整っています。
またドラッグストアなどでは女性のお客様が多いため、お客様の気持ちになってアドバイスできる存在として求められています。
そのため、子育てや介護、家事など忙しい方でも活躍することができ、職場からもお客様からも必要とされる人材として活躍できます

キャリアアップできる

コンビニやスーパーといった薬剤師がいないお店では、登録販売者が一般用医薬品販売の責任者として働くこともあります。
登録販売者資格がないと店長になれない企業も多く、昇進・昇格するための必須資格になっています。
また登録販売者の知識は、店舗に限らずさまざまな企業から求められていますので、資格を活かして転職するなど、キャリアップできることも登録販売者の大きなやりがいになっています。

5. 登録販売者と他資格との違い

登録販売者と他資格との違い

登録販売者と薬剤師の違い

医薬品を扱う資格には、登録販売者のほかに薬剤師もあります。
薬剤師の仕事は主に、処方箋をもとに薬を調剤することです。
一方、登録販売者の主な仕事は医薬品を販売することなので、両者には大きな違いがあります。

薬剤師も医薬品を販売することはできますが、登録販売者が薬剤師のように薬を調剤することはできません。
扱える医薬品の種類にも違いがあります。
薬剤師は、第1類医薬品・第2類医薬品・第3類医薬品と、一般医薬品のすべてを扱うことができます。
登録販売者が扱えるのは、第2類医薬品と第3類医薬品です。

登録販売者と調剤薬局事務の違い

登録販売者に似ているもう一つの資格が、調剤薬局事務です。
医薬品に関係する業務をするという点で、登録販売者と調剤薬局事務は似ています。
しかし、調剤薬局事務の主な仕事は、処方箋をもとにして調剤報酬を計算することです。
お客様の入っている医療保険に応じて、お客様が負担する金額を算出して会計業務を行います。

月に1回、レセプトと呼ばれる診療報酬請求書を作成して保険者に請求することも、調剤薬局事務の大切な仕事です。
薬の調剤を担当したり、薬についてお客様にアドバイスしたり相談を受けたりすることはありません。
簡単にいうと、調剤薬局事務はお金に関する業務を担当し、登録販売者は薬の販売業務を担当しているのです。

関連記事

登録販売者試験の対策には過去問が重要!効率良い勉強で合格を目指そう

6. 登録販売者試験の勉強方法

登録販売者試験の勉強方法

「独学」で取り組む場合の勉強方法

独学で勉強するメリット

登録販売者資格試験の対策のために、独学で勉強する人もいれば、通信教育を利用する人もいます。

独学で勉強するメリットは、何といっても費用を安く抑えられることです。
独学では、市販のテキストや過去問題集などを購入して、自分で地道に勉強することになります。
この場合、かかる費用は購入したテキストや過去問題集の購入費用のみです。
学習時間やスケジュールなどを特に気にせず、ひたすら自分のペースで勉強を進めることができます。

独学で勉強するデメリット

反対に、独学のデメリットは学習ペースの配分がわかりづらいことです。
各範囲にどれほどの勉強時間を充てればよいかが初めての試験ではつかみにくく、効率良く勉強できない可能性があります。
重要ポイントや、試験に頻出する範囲がどこかなどもわかりにくいかもしれません。

また、独学では一人で黙々と勉強を進めていく必要があるので、途中であきらめてしまいたくなる人もいます。
独学に向いているのは、1人でも強い意志を持ち、合格に向けて着実に勉強を進めて行ける人です。

学習スケジュールを自分で立てて、それにきちんとつき従える人は独学でもしっかり勉強できるでしょう。
市販のテキストから重要ポイントや頻出問題を把握し、重点的に勉強する要領の良さも必要かもしれません。
独学で資格試験対策をする場合の学費の目安は、テキストや過去問題集の購入代で1200~5000円程度です。

「通信教育」で取り組む場合の勉強方法

通信教育で勉強するメリット

通信教育のメリットは、標準的な学習期間は3~8カ月の短期間で学べるところ。
通信教育のテキストは、試験によく出る範囲がうまくまとめられていて、効率的に学習できます。

多くの場合、過去問題集も豊富なので、最新の出題傾向を把握してそれに合わせた対策も取りやすいでしょう。
勉強する時間や場所は自由に決められるため、ライフスタイルに合わせて勉強しやすいという面もあります。

通信教育で勉強するデメリット

通信教育のデメリットは、独学に比べると費用がかかることです。
しかし、通信教育によっては万一不合格だった場合には費用を全額返金してくれるところもあります。
リスクがないので、初めての人でも安心して挑戦できます。

お金を払っているという意識が、合格に向けて頑張ろうというモチベーションアップにもつながるでしょう。
また、費用がかかるといっても資格取得の学校に通って授業を受けるよりは安く済みます。

通信教育に適しているのは、登録販売者資格試験を初めて受ける人です。
初めてであれば勉強の仕方やペース配分がわかりづらいため、独学よりも通信教育がおすすめです。

独学ではペース配分のミスなどにより時間を無駄にしてしまいがちなので、忙しい人も、効率良く対策できる通信教育のほうが良いでしょう。
通信教育で勉強する場合の学費は、3万5000~4万5000円が目安です。

関連記事

登録販売者試験の合格に必要な勉強時間は?科目ごとの特徴や対策も解説

7. まとめ

セルフメディケーションという考えが浸透しつつある今、登録販売者の資格を持っていれば、活躍できる場はぐっと広がります。
医薬品に関係する仕事をするという意味では調剤薬局事務と似ていますが、薬に関してアドバイスをしたり相談にのったりできるのは登録販売者のほうです。

登録販売者は、薬剤師のように受験資格のハードルは高くありません。
だれもが試験に挑戦することができ、比較的合格しやすい試験でもありますので、興味がある人はこの機会に学習をはじめてみてはいかがでしょうか。

これから登録販売者の勉強をはじめるなら、キャリカレの「登録販売者講座」がおすすめです。
試験によく出る箇所を中心に効率よく学習できるので、無駄なく合格が目指せます。

しかも、不合格なら全額返金保証が付いているので、「もしも不合格になってしまったら…」と不安な人でも安心です。
案内資料は無料で請求できますので、この機会に登録販売者資格取得を目指してみませんか。

キャリカレの「登録販売者講座」はこちら

関連記事を見る

不合格なら全額返金!
やさしく学んで資格がとれる!