登録販売者試験の難易度と合格率は?都道府県別実績もご紹介

登録販売者試験の難易度と合格率は?都道府県別実績もご紹介

登録販売者試験の難易度は?合格率は?登録販売者試験って難しいの?とお悩みの人はこちらをご覧ください。登録販売者試験の合格率を都道府県別にご紹介。受験者データや合格ラインなど、登録販売者試験についてわかりやすくご紹介します。

目次

1. 登録販売者の試験は難しい?難易度は?

登録販売者試験の難易度はどのくらい?

登録販売者資格試験について「難しそう」というイメージを持っている人は多いかもしれません。
平成26年(2014年度)までは、学歴や実務経験などの受験資格が必要だったため、専門の人が取得する資格と考えていた人もいるでしょう。

しかし、現在は受験資格の条件がなくなり、誰でも受験できます。
そして、出題範囲をきちんと押さえて学べば、合格は決して難しくないのです。

出題範囲を理解していれば決して難しくない

登録販売者試験に合格するためのコツは、出題範囲を理解し、その内容を重点的に勉強することです。
なぜなら、地域によって試験内容は違うものの、厚生労働省が作成した「試験問題の作成に関する手引き」に沿った内容が出題されるからです。
つまり、この内容を繰り返し学び、模擬問題を解けるようになれば、合格する可能性は高くなります。

関連記事

登録販売者とは?仕事内容・薬剤師など他資格との違いを解説

2. 登録販売者試験の出題範囲と合格ライン

登録販売者試験の出題範囲と合格ライン

登録販売者試験の出題範囲

登録販売者試験のベースとなる、厚生労働省の「試験問題の作成に関する手引き」は一般に公開されています。
それによると、出題範囲の1項目目は「医薬品に共通する特性と基本的な知識」、2項目目は「人体の働きと医薬品」、3項目目は「主な医薬品とその作用」です。

そして、4項目目が「薬事関連法規・制度」、5項目目が「医薬品の適正使用・安全対策」となっています。
これらの内容は医薬品全般に関する基本的な知識です。

登録販売者が扱うのはドラッグストアなどで市販されている「一般医薬品」の第2類医薬品と第3類医薬品のみです。
安全上特に注意が必要な第1類医薬品は扱えません

しかし、医薬品全般に関してお客様から問い合わせをうけることもあります。
その際に正しい回答ができるように、登録販売者として基本的な知識を網羅していることが必要です。

登録販売者試験の合格ライン

登録販売者試験に合格するには、まず、全問題の70%以上の正答が必要です。
問題数は1問1点で120問なので、84問以上の正答が求められます。

さらに、先述した5項目の出題分野すべてで35%以上、都道府県によっては40%以上の正答が必要です。
試験の難易度自体は年度によってほぼ変わりません。

全国平均の合格率は少しずつ下がっていますが、これは未経験者や勉強不足の受験者が増えたためだと推測できます。
2013年の受験者2万8527人に対して2019年の受験者数は6万5288人と、2倍以上になっているからです。

関連記事

登録販売者試験は独学でも合格できる?おすすめ勉強法を徹底解説
登録販売者の受験には実務経験が必要?2020年問題の内容と併せて解説

3. 登録販売者試験の合格率

登録販売者試験の合格率

登録販売者試験の合格率の推移

登録販売者試験の全国平均の合格率は41.5%となっています。
2012~2020年の受験者数・合格者数・合格率推移は以下のとおりです。

2012~2020年度の登録販売者受験者データ
試験実施年度 受験者数 合格者数 合格率
2020年度 5万2959人 2万1953人 41.5%
2019年度 6万5288人 2万8328人 43.4%
2018年度 6万5500人 2万7022人 41.3%
2017年度 6万1126人 2万6606人 43.5%
2016年度 5万3369人 2万3330人 43.7%
2015年度 4万9864人 2万2901人 45.9%
2014年度 3万1362人 1万3627人 43.5%
2013年度 2万8527人 1万3381人 46.9%
2012年度 2万8050人 1万2261人 43.7%

出典:厚生労働省│これまでの登録販売者試験実施状況等について

都道府県別合格率

2020年度の登録販売者試験の都道府県別合格率は以下のようになっています。

2020年度 登録販売者試験実施状況
都道府県名 受験者数(名) 合格者数(名) 合格率
北海道 1,815 861 47.4%
青森県 689 297 43.1%
岩手県 691 346 50.1%
宮城県 1,665 736 44.2%
秋田県 414 162 39.1%
山形県 403 179 44.4%
福島県 692 236 34.1%
茨城県 1,240 545 44.0%
栃木県 893 385 43.1%
群馬県 1,009 470 46.6%
埼玉県 2,490 749 30.1%
千葉県 2,140 737 34.4%
東京都 4,437 1,464 33.0%
神奈川県 2,671 1,033 38.7%
新潟県 883 332 37.6%
山梨県 287 92 32.1%
長野県 1,318 419 31.8%
富山県 549 239 43.5%
石川県 765 330 43.1%
福井県 477 166 34.8%
岐阜県 1,262 583 46.2%
静岡県 1,263 636 50.4%
愛知県 2,786 1,561 56.0%
三重県 735 390 53.1%
奈良県 1,726 612 35.5%
鳥取県 200 77 38.5%
島根県 280 140 50.0%
岡山県 869 429 49.4%
広島県 1,039 604 58.1%
山口県 517 279 54.0%
香川県 518 262 50.6%
愛媛県 622 300 48.2%
高知県 383 152 39.7%
福岡県 2,655 1,154 43.5%
佐賀県 398 158 39.7%
長崎県 529 221 41.8%
熊本県 821 355 43.2%
大分県 566 265 46.8%
宮崎県 485 171 35.3%
鹿児島県 849 310 36.5%
沖縄県 796 286 35.9%
関西広域連合 8,132 3,230 39.7%
年 度 計 52,959 21,953 41.5%

出典:厚生労働省│令和2年度登録販売者試験実施状況

登録販売者試験は都道府県ごとに実施されており、問題も都道府県によって異なることから、合格率にばらつきがでます。

合格率が高いのは北海道・東北、合格率が低いのは四国

登録販売者試験は各都道府県で実施され、試験内容が異なります。
試験日も違うため、複数の都道府県で受験することも可能です。
厚生労働省では難易度を全国で統一するために「試験問題の作成に関する手引き」を作成しています。

しかし、北海道、東北地方が合格率の上位にランクインすることが多いなど、特定の地域の合格率が高いのは確かです。
たとえば、北海道、東北地方における2015~2018年の合格率は50%を超えており、全国平均より5~10%程度高いといえます。逆に、2015~2018年の合格率が32.1%の四国など、平均より低い地域もあります。

複数県で受験することもできるので、合格率が高い近隣の都道府県を狙って受験する人もいらっしゃいます。

関連記事

登録販売者試験の合格に必要な勉強時間は?科目ごとの特徴や対策も解説

4. 登録販売者試験と他資格の比較

医薬品関連での難易度の違い

医薬品に関わる有名な資格と言えば、国家資格「薬剤師」が挙げられます。
薬剤師はまず6年間大学の薬学部に通う必要があり、そこから国家試験を受験します。
国家試験自体の合格率は約80%と高いですが、大学の薬学部に入学することが、高いハードルとなります。

  一方、登録販売者は、厚生労働省や文部科学省などの官庁・大臣・都道府県などが認定する資格で、国家資格ではありません。
そして、今では学歴や実務経験がなくても誰でも受験できる人気資格になっています。
受験資格がないだけでなく、合格率も40~50%と高めなので、比較的やさしい部類に入る試験です。

通信講座などの対策講座も充実していることもあり、医薬品に関わる資格の中では、登録販売者が取得しやすい資格と言えるでしょう。

関連記事

登録販売者試験は独学でも合格できる?おすすめ勉強法を徹底解説

5. まとめ

登録販売者試験の難易度は、きちんと勉強すれば誰でも合格できるレベルです。
しかし、全体で70%以上、各出題範囲すべてで35%(40%)以上の正答をするには、ポイントを押さえた勉強が欠かせません。
過去に出題された問題を繰り返し解くのも効果的です。

登録販売者資格の取得を目指して自宅で学習をはじめるなら、わかりやすい教材や効率良く学べるカリキュラムがあり、しっかりとした学習サポートがある通信講座キャリカレの「登録販売者講座」がおすすめです。
忙しい社会人の方や、家事や育児をしている主婦の方などでも、空いた時間を使って自分のペースで学習できます。

キャリカレの「登録販売者講座」はこちら

関連記事を見る

不合格なら全額返金!
やさしく学んで資格がとれる!