医療事務とは?

病院やクリニックで
経理や事務などを行う専門家!

医療事務の仕事内容

医療事務は病院やクリニックなどの医療施設において、経理や事務などの業務を担当する専門家。
業務内容は大きく分けると「診療報酬明細書(レセプト)の作成」「受付・助手業務」「オペレーター業務」です。

  • 診療報酬明細書(レセプト)の作成

    国民は健康保険証を提示すると最高でも医療費の3割負担(残りの7割は保険者である市町村などが負担)で診察を受けることができます。保険者(市町村など)に対して、この7割部分を請求するために作成するのが診療報酬明細(レセプト)です。診療報酬明細業務では、この診療報酬明細書を作成します。

  • 受付・助手業務

    患者さんの健康保険証を確認して診察券を発行したり、患者さんの呼び出しや診察室への案内を行います。そして、患者さんの診察終了後に診察料金などを計算します。

  • オペレーター業務

    カルテや伝票、処方箋などから診療内容や処方薬剤、患者さんの情報などをレセプトコンピュータに入力して医療費を算定する仕事です。

  • 国民医療費のアップで
    医療事務のニーズが増加!

    病院収入の大部分は、国民一人ひとりの治療費です。国民医療費は毎年増加の一途をたどっており、医療事務のお仕事は、病院収入に深くかかわる役割を担っていますので、今後ますます重宝されることは間違いありません。特に患者さんの数も多く、扱う治療費の額も膨大になっている大規模の病院では医療事務のニーズは非常に高く、即戦力となる資格者は強く求められています。

  • 高齢化率は40%!
    今後もニーズは確実

    日本は最も高齢者人口率の高い超高齢社会に認定されています。2055年には高齢化率が約40%にまで増加するのではないかとも推測されています。高齢化が進むにつれ、医療費はどんどん増え、さらに病院にかかる患者さんの数も増加。医療業界は不況に左右されにくい業界とも言われており、今後もニーズは高まります。

医療事務が必要とされる職場

  • 病院

    病院での医療事務の仕事は、受付や書類作成等の事務作業が主になります。事務管理システムが導入されている場合が多く、PC操作スキルが必要になります。

  • クリニック

    クリニックでの医療事務の仕事は、受付・書類作成に留まらず、接客・診察の助手・電話対応・その他雑用と業務の幅が広いのが特徴です。どこの病院に行っても通用するような豊富な経験を積むことができます。

  • 調剤薬局

    実は、調剤薬局も医療事務として働ける職場です。医療事務の場合、薬自体は直接扱えないため、受付・会計・薬歴簿の作成・調剤報酬の算定など事務ワークが中心となります。

  • 歯科医院

    歯科医院でも医療事務として働くことができます。受付・会計・書類作成・電話対応など事務作業に加え、実際に診察室に入り、助手として歯科治療に携わります。

ライフスタイルにあわせて働ける!
医療事務

さぁキャリカレではじめよう! 医療事務

ネットからのお申し込みで1万円割引!

一括払い(税別) 36,000

分割払い 月々1,880円×24回

※通常価格46,000円 / 分割払い例 2,400円×24回