ますかけ線とは?あったら大強運?特徴別の意味と見方6選!

ますかけ線とは?あったら大強運?特徴別の意味と見方6選!

手相のマスカケ線(ますかけ線)とは?どういう意味?その位置は?特徴は?など、マスカケ線についてわかりやすく解説します。右手と左手の違いや向いている職業、見方や種類まで、ここでは詳しく紹介します。

目次

マスカケ線(ますかけ線)とは?

マスカケ線(ますかけ線)とは?

マスカケ線(ますかけ線)とは?その位置は?

マスカケ(ますかけ)線とは、感情線と知能線が一緒になって1本の線になっている相のこと。
手のひらにひらがなの「て」の形があるように見える相です。
マスカケ相の人は100人に2・3人というかなり珍しいもので、親兄弟もマスカケ相であることが多く、持っている本人はその希少さに気づいていないことが多いようです。

マスカケ相の意味は?

戦国時代には天下取りの相とも言われたマスカケ相。
人は脳で考え感じる生き物ですから、手相には脳が実感している状態が表れます。
天下統一を果たした、織田信長・豊臣秀吉、そして天下泰平の世を作った徳川家康、全員が「マスカケ相」だったと言われています。

それだけでなく、有名な芸能人、作家、スポーツ選手など、様々な世界で大成功を収めている人も「マスカケ相」が多くみられるのです。
手のひらに表れている“まっすぐ横切る一本線”が、掴んだ運を離さないと言われるほどの強烈な運勢と言われます。

マスカケ線を持つ人の特徴とは?

マスカケ線を持つ人の特徴とは?

マスカケ相の特徴

非常に縁起の良い大吉相のマスカケ相の人は、天才的なアイディアを生み出したり、得意のコミュニケーション能力で多くの人を魅了し、人の上に立って強いリーダーシップを発揮する才能もあります。
それで、「天下取りの相」や「天才の相」などと言われています。

かなり珍しいこの手相は、大多数とは一線を画す運勢を持っていることから、集団の中にいると、その特異性から交わることができず浮いた存在に感じられることもあります。
そのため、平凡な会社員で過ごすより、自営やフリーランスの方が向いています。

マスカケ相の人生とは?

マスカケ相の運の強さから「100 or 0」、「どん底or大成功」のように、極端にはっきりした運命をたどる可能性が高い相です。
強運を持っているのですが、その反面、努力しなかったり自分を過小評価することで、せっかくの能力を生かせず、生活苦の状態に陥ってしまうこともあります。

マスカケ線を持っている人が成功するのは、早くても30代以降。
若い時には、辛抱強く努力を続けることで、一気に開花して大成功を収める「大器晩成型」。驚くほどのアイディアと、ずば抜けたビジネス運で金運を引き寄せてしまうほどです。

マスカケ相の人に向く職業

マスカケ線がある人は独特の才能を持っているため、それを後押しする環境下にいると、とてつもない実力を発揮します。

平凡な会社員より自分で起業してトップに立ってその手腕を発揮できる経営者が向いているといえます。
社長はもちろん、政治家や教師など、人の代表として意見を述べるや指導する職業、また、豊かな発想力や独創性で芸術家や建築家などの職業も向いています。

マスカケ線の見方

マスカケ線の見方

右手と左手の違いは?

他の手相と同じように、一般的に左手は先天的な運勢で右手が後天的な運勢と言われます。
マスカケ線が左手のみにあれば、先天的に強運の持ち主です。

右手であれば、非常に個性的で大胆な行動にでる「マスカケ相」そのものの運勢です。
両手ともにマスカケ線がある人は、生まれながら非常に強運を持ち、その後の自分の努力によって幸運を引き寄せます。
この類稀なる才能と運勢を持つ、両手ともにマスカケ相は100人に1人かそれ以下とかなりのラッキー手相なのです。

マスカケ線の種類

生まれつきに基本のマスカケ相はきれいな「て」の字形をしている人も多いのですが、マスカケ線がない相の人が、感情線や知能線が途中で変化を遂げてマスカケ相に変化していく人もいます。
また逆にマスカケ相から線が離れていき、マスカケ相でなくなる人もいます。

【感情線・知能線からマスカケ相に変化】

感情線・知能線からマスカケ相に変化
関連記事手相占い徹底解説!7大線と幸運な手相7選!
手相の見方を解説!女性が気になる右手・左手別の手相の占い方

特徴別!マスカケ線の見方6選

基本のマスカケ相はきれいな「て」の字形をしていますが、もともとはマスカケ相ではなく、変化の途中であったりすると形が違ってくるものもあります。
ここでは、一般的なマスカケ線4つと、変形マスカケ線2つの見方について詳しく説明していきます。

①マスカケ線が「鎖状」や「島」―【美的センスの持ち主】

マスカケ線が鎖状や島

基本的には、マスカケ相の性格ですが、マスカケ線が鎖状や島などがある人は、内向的で神経質でデリケートな面があります。
マスカケ相の大胆な性格と意外に繊細な面を両方持っていると言われます。
感性が豊かで、美的センスがあることから、デザイナーや画家などの芸術家として大成している人が多いのも、このマスカケ線の特徴です。

②マスカケ線+二重感情線 ―【エネルギッシュな情熱家】

マスカケ線+二重感情線

マスカケ線にさらに感情線がある「二重感情線」です。
マスカケ相の性格と二重感情線の性格(愛情が人一倍強く、エネルギッシュな情熱家)を持ち合わせています。
愛情深く非常に強いメンタルと忍耐力がありますが、一方物事にたいする執着が強いのも特徴です。

③マスカケ線+二重知能線(頭脳線)―【冷静で多芸多才な人物】

マスカケ線+二重知能線(頭脳線)

基本的なマスカケ線は、感情線と知能線(頭脳線)が一本になっていますが、まれに知能線がある「二重知能線」の人がいます。
二重知能線の性格は、頭の回転が早く多芸多才で器用です。
マスカケ相の個性は持ちつつ、知能線の影響で突出した個性が抑えられて周りとの協調を保つことができます。

④マスカケ相の上に、運命線・太陽線 ―【金運アップの成功者】

マスカケ相の上に、運命線・太陽線

マスカケ線から運命線や太陽線が出ている手相。
運命線が伸びているのは、望みが成就する運命と言われています。
また、薬指の付け根部分の太陽線が伸びているのは、人生の後半に成功して金運がアップするという意味です。
どちらもかなりの成功を収め、充実した人生を送れると超ラッキー手相です。


ここからは、変形マスカケ線の例や見方について説明していきます。

⑤マスカケ線の知能線(頭脳線)が合流 ―【型破りな発想力の持ち主】

マスカケ線の知能線(頭脳線)が合流

手のひらの知能線と感情線がまっすぐ1本でなく、途中で合流しているマスカケ相もあります。
知能線が上向きになって感情線とつながっている相は、自分が決めたことに対して、一生懸命取り組んだ結果、努力が報われ成功を収めます。
運勢のパワーが大きいため、型破りな行動や発想で他の人を圧倒する力を持っています。

逆に、知能線が下向きになって感情線と合流しているマスカケ相は、基本的なマスカケ相の強運を持ちつつ、責任感が強く非常に理性的で周囲への配慮も欠かしません。

⑥マスカケ線に橋渡しの線がある ―【強靭な精神力を持つ努力家】

マスカケ線に橋渡しの線がある

知能線から伸びる線が感情線につながっているマスカケ相。
元々は、知能線と感情線が独立していたのが、徐々に一体化してゆっくりマスカケ相になったものです。
これは、信念を持ち努力を続けた結果、実力つけてマスカケ相をゲットしたことを表しています。
かなりの精神力を持つ人なので、将来もさらなる強運が続くと考えられます。

⑦マスカケ線が枝分かれ ―【秘めたパワーと柔軟性】

マスカケ線が枝分かれ

マスカケ線の知能線と感情線が枝分かれしているマスカケ相。
独特のこだわりの強い面はあるものの、環境や状況を考慮して柔軟な対応ができます。
独立心は強いので、起業してトップとして活躍できます。
枝分かれした感情線と知能線の長さが長いのは、ものづくりの分野に向いています。

マスカケ線による占いの生かし方

子どもがマスカケ相の場合

親が自分の子どもの手相を見る際には、手相に表れている性格などを理解して子育てに取り入れることで活用できます。

マスカケ相の特徴として、頭がよくてマイペース、自信過剰気味な性格。
意志が強く他人を頼らずしっかりしていますが、あまりにもマイペースなために周りがついて来れず、孤立することもあります。

束縛されるのを嫌い自由を望むため、善悪にかかわる問題でない限り干渉しすぎないのがベストです。
マスカケ相のお子さんの子育ての大変さはありますが、「うちの子は将来大物になるかも!」と期待して、今はのびのびと成長を見守りましょう。

恋人がマスカケ相の場合

マスカケ相の人は、自分の意志が強くマイペースなため相手を振り回す傾向があります。
恋愛より仕事や趣味を優先する傾向があるので、その価値観が共有できるかを慎重に考えて判断しましょう。

流年法で見る人生の転機

マスカケ線が枝分かれ

マスカケ線は、知能線と感情線がつながっているため、生命線や運命線の流年法とは少し異なります。
マスカケ線と運命線が交差するのは、おおよそ45歳。
マスカケ相の人は若い頃には、苦労して磨かれると言いますので、人生の転機は45歳くらいと思ってよいでしょう。

関連記事生命線とは?寿命も見える?特徴別の意味と手相の見方5選!
結婚線とは?結婚年齢は?特徴別の手相の意味と見方3選!
運命線とは?特徴別の手相の意味と見方3選!

まとめ

ズバッと横一本の強い線だけでなく、変化を繰り返したのちにマスカケ線ができてきた人などさまざまです。
昔の戦国武将のように、少々のことに動じず突き進み頂点に君臨するようなイメージがありますが、マスカケ線の種類によってもいろいろなタイプがあることがおわかりになったと思います。

今回はマスカケ線について紹介しましたが、本来手相は、頭脳線や感情線、結婚線なども見ながら総合的に占っていく必要があります。
もっと手相について知りたい、学んでみたいという方は、資格のキャリカレの「手相講座」で勉強してみるとよいでしょう。

人気占い師の「綾部匠子先生」の監修・指導で、基礎から学んでも3ヶ月ほどで手相鑑定士の技術を身につけることができますので、是非この機会に学んでみてください。

おすすめ手相講座はこちら

関連記事を見る

はじめての方でも
手相鑑定士になれる!