宅地建物取引士とは

不動産業界に欠かせない人材
不動産取引の専門家

  • 宅地建物取引士とは

    「宅地建物取引士」は、通称「宅建」や「宅建士」と呼ばれる不動産取引の国家資格です。年間20万人ほどの人が受検する最大規模の国家資格で、宅建を取得することで不動産取引の専門家として認められます。宅建士になるためには、宅建試験に合格する必要があります。合格後は、不動産会社などに常駐し、宅建士として働くことが可能。不動産売買や賃貸物件の斡旋など、建物や土地の専門知識を持たないお客様に対して、不動産に関する重要事項を説明するのが宅建士の仕事です。

  • 土地・建物などの
    不動産業界必須の資格

    不動産取引には宅地建物取引士にしかできない業務があり、不動産業者は一定の割合で有資格者を設置するよう義務づけられています。ですから、就転職に有利なうえ、取得すれば一生有効で、なおかつ資格手当などによる給与アップも狙える“一石三鳥”の国家資格です。

  • 毎月5,000円から
    5万円程度の資格手当

    宅地建物取引士の平均年収は一般的なサラリーマンとあまり変わりませんが、会社によっては宅建資格を取得することで、毎月5,000円~5万円程度の資格手当が付く場合があるので、就転職に有利な国家資格としてトップクラスの人気となっています。

宅建士資格を取得すれば
活躍の場はたくさん!

  • 不動産業

    仲介ビジネスや売買、投資関連に管理など、これら多様な不動産ビジネスにおいて、宅地建物取引士の力が必要で、営業職を中心に、総務や営業事務など、選択肢も複数あります。

  • 建築業界

    大手の建設会社となると、完成物件の販売事業まで手を広げているところもあり、住宅・マンションの販売は宅建業の免許が必要なため、独占業務を持つ宅建士の活躍の場は多いです。

  • 金融業界

    銀行や信用金庫など担保を必要とする融資業務では、不動産に対する適切な知識や鑑定力がなければ融資の判断も難しいことから、宅建資格を持つ人材を広く募集しています。

  • 一般企業でも

    寮や社宅、事務所の管理やオフィスを移転する場合など、不動産に関わる機会があれば、宅建士資格を保有している人材が重宝されます。

宅地建物取引士

さぁキャリカレではじめよう! 宅地建物取引士

ネットからのお申し込みで1万円割引!

一括払い(税別) 37,000

分割払い 月々1,930円×24回

※通常価格47,000円 / 分割払い例 2,450円×24回