宅地建物取引士とは

不動産業界に欠かせない人材
不動産取引の専門家!

宅地建物取引士とは

通称「宅建」や「宅建士」と呼ばれる不動産取引の国家資格が「宅地建物取引士」です。年間20万人ほどの人が受検する最大規模の国家資格で、宅建を取得することで不動産取引の専門家として認められます。宅建士になるためには、宅建試験に合格する必要があります。合格後は、不動産会社などに常駐し、宅建士として働くことが可能。不動産売買や賃貸物件の斡旋など、建物や土地の専門知識を持たないお客様に対して、不動産に関する重要事項を説明するのが宅建士の仕事です。

設置義務があり
不動産業界には必須の資格

不動産取引には宅地建物取引士にしかできない業務があり、不動産業者は一定の割合で有資格者を設置するよう義務づけられています。ですから、就転職に有利なうえ、取得すれば一生有効で、なおかつ資格手当などによる給与アップも狙える“一石三鳥”の国家資格です。

設置義務があり不動産業界には必須の資格

宅地建物取引士の主な仕事

宅建士の仕事内容は、不動産の売買や賃貸物件のあっせんといった一般業務を行うことはもちろんですが、
お客様の利益の保護を優先し、公正かつ誠実法に定められた事務を行います。
そのため、国家資格を持つ「宅建士」が、契約前に必ず「重要事項説明書」を説明するといった業務を行います。
つまり、宅建士がいないと契約をすることができないということです。

  • 独占業務

    ❶重要事項の説明

    重要事項の説明は、宅地建物取引業法によって義務化されています。書面の作成も宅建士が行います。

  • 独占業務

    ❷重要事項の説明書面への
    記名・押印

    重要事項説明書への記名・押印には、宅建士の記名と押印が義務づけられています。

  • 独占業務

    ❸契約書(37条書面に
    記名・押印

    重要事項説明書への記名・押印と同様に記名と押印により、契約書の内容が保証されます。

宅地建物取引士の活躍の場は幅広くたくさんのメリットがあります。

宅建資格は不動産業界では必須資格になっていますので、資格取得者は常に求められています。
金融業界や建築業界でも宅建資格は必要とされているため、資格があるとさまざまな業界で就職・転職が有利になります。

  • 即戦力の人材として
    就転職が有利に進む!
    即戦力の人材として就転職が有利に進む

    不動産事務所では、事務所ごとに従業員5人に1人以上の割合で宅建士を置く設置義務があり、有資格者はまさに必須。即戦力となるので就転職が有利に!

  • 資格があれば昇進・昇給も!
    資格があれば昇進・昇給も

    会社によっては宅建資格を取得することで、毎月5,000円~5万円程度の資格手当が付く場合があるので、就転職に有利な国家資格としてトップクラスの人気です。

  • 夢だった独立・開業も
    目指せる!
    夢だった独立・開業も目指せる

    資格があれば、夢だった独立・開業も実現可能に!宅建業は開業の設備投資が比較的少なく、開業しやすいのも魅力。大幅な収入アップも期待できます!

さらに、キャリカレなら
見事合格で2講座目が無料で受講できる!

他の資格と組み合わせれば
活躍の場はますます広がります!

キャリカレで学び、見事試験に合格すると、キャリカレ指定の人気講座の中から、お好きな講座を“無料で”受講できる「2講座目無料サービス」をご利用いただけます。複数資格取得で仕事の幅を広げて、ムリなくステップアップを目指せます!

他の資格と組み合わせれば活躍の場はますます広がります
宅地建物取引士

期間限定特別割引! 宅地建物取引士

12/19 (月)13:59まで|資料請求で割引価格からさらに2,000円OFF!|詳しくはキャンペーンをチェック!

一括払い(税込) 36,100

分割払い 月々1,740円×24回

※通常価格49,600円 / 分割払い例 2,390円×24回