街のみんなの法律家として

独立開業を目指せる!
人気の国家資格!

活躍の場は広がるばかり!

キャリアアップ社会的地位の向上など、行政書士の資格取得にはメリットがたくさんあります。
数ある「士業」の中でも独立開業しやすいと言われ、努力次第では年収1,000万円も!
「街の法律家」として個人では解決できない問題を解決に導く仕事なので、達成すれば感謝されることも多くとてもやりがいのある仕事です。

  • 行政書士とは?

    行政書士は、官公署に提出する書類の作成や相談業務、また、それらを官公署に提出する手続きを代理するのが主な仕事です。最近では、法的知識を生かしての許認可トラブルの予防など、コンサルティングを含めて書類作成を行うことも増えています。現在、個人から大企業まで、行政書士が求められる場面は数えきれません。

  • 取り扱える書類の種類は
    1万以上!

    具体的な仕事内容は、「官公署に提出する書類および事実証明・権利義務に関する書類の作成代理」です。書類の数は1万種類以上もあり、「許認可申請に関するもの」「事実証明または権利義務に関するもの」の2つに分かれます。前者は「飲食店営業許可申請書」や「農地転用許可申請書」など。後者は「遺言書」や「車庫証明」などに当たります。身近にあり、必要となる場面が多い書類ばかりなので、行政書士の出番は必然的に多くなります。

  • 独占業務の範囲が広い
    国家資格

    行政書士は、行政書士法に基づく国家資格です。その中でも「業務独占資格」と呼ばれ、医師などと同じで資格を持っていないとできない業務を行うことが許されています。「行政書士にしかできない」仕事が多いということは、需要が高く活躍する幅も広いということ。一度資格を取得してしまえば長く働けることはもちろん、何歳からでもスタートできます。

  • 超高齢社会で
    ニーズはますますアップ!

    地域に密着する行政書士の間では、高齢者の増加に伴って、相続に関する業務が増えています。主な業務は相続人の確定や相続関係図・遺産分割協議書の作成など。高齢化が進む中、こういったケースに対応できる行政書士はさらにニーズが高まっていくでしょう。

  • 働き方次第で
    年収1,000万円以上
    目指せる!

    無料相談会を開いて人脈を広げたり、ホームページで告知をしたり、地域のイベントに参加するなどして認知度を高めれば、「街の法律家」としてたくさんの方から求められる存在になれます。働き方はさまざまですが、年収1,000万円以上稼ぐ行政書士も少なくありません!

  • 難関と言われる行政書士試験。
    実は誰でも合格できる!

    平均合格率が8%ということから「難しそう…」というイメージが強い行政書士の試験。ですが、大学受験とは異なり定員数が決められているわけではないため、合格基準をクリアさえすれば、必ず合格できる試験です。本講座でしっかりと試験対策ができていれば確実に合格を目指せます!

行政書士資格を取得すれば
幅広く活躍できます!

  • 独立開業を目指せる!

    自宅で開業することも認められている行政書士は、会社等を設立して起業することに比べて開業資金も少なく、独立開業に向いています。

  • 建設業に関する分野で

    建設業許可関係の手続きは毎年の更新が義務付けられており、1度依頼を受けるとリピート顧客獲得できる可能性が高いです。

  • 外国人に関する分野で

    「留学ビザ」や「就労ビザ」をはじめ、「永住許可申請」など、行政書士が必要になるケースが多く、さらにニーズが高まる分野です。

  • 離婚や相続の分野で

    財産分与や、相続に関する分野でも行政書士の活躍する場は多くあります。

ビジネスにも暮らしにも役立つ!
行政書士

さぁキャリカレではじめよう! 行政書士

ネットからのお申し込みで1万円割引!

一括払い(税別) 46,000

分割払い 月々2,400円×24回

※通常価格56,000円 / 分割払い例 2,920円×24回