ヨガの目的と効果とは?身体・精神への効果・効果が出るまでの時間も解説

ヨガの目的と効果とは?身体・精神への効果・効果が出るまでの時間も解説

ダイエットや健康促進に役立つといわれ、女性に中心のヨガですが、詳しく知らない方も多いのでは?ここでは、ヨガの目的や効果とは?効率的に成果を出す方法は?といった疑問にわかりやすく解説します。

目次

1. ヨガの目的

ヨガははるか昔のインドで生まれ、「瞑想」が原点となっています。
瞑想というよりは、独特なポーズを取るイメージのほうが強いかもしれませんが、本来は「心の安定を目指す」のがヨガの本質です。

日々仕事などで忙しく、余裕がない人がヨガに取り組むことで、心地よい日常を取り戻すきっかけが得られるでしょう。
また、多種多様なポーズを取るため良い運動にもなり、ダイエットや筋力を向上させる際にも有意義です。
ヨガを行う目的をまとめると、下記のような内容となります。

【ヨガをする目的】

・心身のリラックス
・健康促進
・ダイエット
・筋力の強化

関連記事

ヨガの歴史とは?発祥・起源~現在までの変遷を年表形式で解説!

2. ヨガの効果

ヨガの効果は様々です。ここではヨガの効果について解説します。

心が落ち着く

ヨガ特有のゆったりとした呼吸と動作を行うことで神経は研ぎ澄まされます。
一生懸命ヨガに取り組むと、終わったあとに心がすっきりすることが実感できるでしょう。

ヨガの呼吸法はイライラした気持ちを静める効果もあります。
日常生活でも落ち着くために深呼吸をする場合がありますが、その原理を発展させ、追求しているのがヨガです。
ヨガの呼吸法やポーズをマスターすれば、感情のコントロールはしやすくなるでしょう。

集中力アップ

ヨガの呼吸法は内面を見つめなおし、自分自身と向き合うためのものです。
その結果、気持ちがクリアになり、高い集中力が身に付きます。

集中力を高める代表的なアプローチは「完全呼吸法」です。
心と体をつなぐ呼吸を行うことで、精神的な強さやモチベーションの向上を図ります。

自分の意識を内側に一点集中し、まわりの雑音を遮断する「ウジャイ呼吸法」なども集中力を高める方法のひとつです。
ヨガの呼吸は4秒息を吸い、8秒ほどかけて吐くのが基本となります。
呼吸はできるだけ深くなるように心がけてみてください。

対人関係がよくなる

人間関係の改善という観点でもヨガが役に立つことがあります。
人間関係が上手くいかない理由はいろいろとありますが、自分自身が変わることでよくなる場合も多いでしょう。

ヨガによって自分と向き合い、客観視できるようになれば、人との付き合い方も冷静に考えられるようになります。
また、ヨガによって心が鍛えられることで、些細なトラブルでは心が揺らぎにくくなります。
すぐに怒ったり、悲しんだりしてしまう人にヨガはおすすめです。

精神面がポジティブになるおかげで、恋愛に対する積極性が増す人もいます。

無理なくダイエットできる

ヨガは日常生活ではあまり動かさない筋肉を使いますので、インナーマッスルが強化されます。
インターマッスルを鍛えると、お尻や足が引き締まり、くびれができやすくなるでしょう。
インナーマッスルを鍛えれば鍛えるほど、理想的な形で体型がスリムになります。

食事を制限するダイエットよりも、無理なく体重を落とせるのがヨガのよいところです。
筋肉を使うほど新陳代謝も上がるため、脂肪が燃えやすくなるのもうれしいポイント。
ダイエットには有酸素運動が適していますが、ヨガはさらに筋力アップと脂肪燃焼も兼ねているので、ダイエットの効果はより高くなるといえます。

身体のゆがみの矯正

長い時間デスクワークや家事をしていると、いつの間にか身体が歪んでしまう場合があります。
身体に歪みが生じると、頭痛、肩こり、腰痛などになりがちです。
身体の調子がよくないと思ったら、ヨガのポーズや呼吸法を試してみてください。

ただし、一日で治るようなものではありません。
すぐに改善されるとは限りませんが、継続していくうちに、身体の歪みが治っていくことが実感できるでしょう。

身体が柔らかくなる

普段からストレッチをしている人はあまり問題ないかもしれませんが、筋肉は年齢とともに固くなるのが一般的です。

ヨガはいろいろなポーズがあるので、運動が苦手な人や高齢者であってもチャレンジできます
緊張した筋肉を弛緩させることで、心身ともにリラックスした状態になれるでしょう。
身体の柔軟性が高まると、怪我をしにくくなるといったメリットもあります。

デトックス効果

病気にかかったり、肌荒れになったりする主な原因は老廃物といわれています。
身体に蓄積した老廃物を排出する際に、ヨガは効果的です。
ヨガの腹式呼吸は血流とリンパの流れをスムーズにしてくれます。

リンパは身体のなかにある不要物を排出させる役目を持っています。
リンパが活発化するほど、デトックス効果が高まっていくのです。

また、腹式呼吸は横隔膜を圧迫することで、腸や筋肉をほぐし、内臓機能を高めるところにも注目しましょう。
内臓機能の調子がよくなれば便秘にならないため、老廃物を排出しやすくなります。

便秘の改善方法として猫のポーズも有効です。
まず、肩幅程度に足を開き、四つん這いになってください。
手は前に伸ばし頭は低くします。
あとはその姿勢を保ったまま、呼吸を5回すれば完成です。

ヴィニヤサヨガやパワーヨガなどの汗をかきやすいスタイルもデトックス効果を高めるのに向いています。

眠りが深くなる

身体は疲れているのに夜中に目が覚めてしまう、という悩みを持つ人は決して少なくありません。
睡眠不足に陥る原因でよくあるのはストレスです。
身体が健康でも、大きな悩みを抱えていたり、心配事が増えすぎたりすると、誰でも寝つきは悪くなるでしょう。

ヨガの呼吸法やポーズは心を安定させます。
気持ちを切り替えてしっかりと眠りたい人はヨガを試してみるとよいでしょう。

ホルモンバランスの調整

ヨガは自律神経を安定させ、女性ホルモンを整えるときに有効です。

例えば、うつぶせで床を手に付き、上半身をゆっくりと反らしていく動作は子宮や卵巣付近の血流をよくします。
こういった動作がヨガにはたくさんありますので、ホルモンバランスが崩れがちだと思ったときに実践してみるとよいでしょう。

ホルモンバランスは年齢や生活習慣に依存しますが、ヨガを取り入れることで、より効率的にホルモンバランスを調整できるようになります。
自律神経を自分自身でコントロールはできませんので、ヨガを通して働きかけるのが望ましいです。

3. 効果が出てくるのはいつから?

効果が出てくるのはいつから?

ヨガの効果を実感できるタイミングは個人差がありますが、ダイエットなど身体の変化に関しては、即効性はあまり期待しないほうがよいでしょう。
早くても3ヶ月、もしかすると1年ぐらいはかかるかもしれません。

一方、ストレス軽減など精神的な面については、比較的早いタイミングで効果があらわれます。
人によっては1回のヨガで心理的によい影響がでることもあるようです。
週1回程度の緩やかなペースでも、6週間ほど続ければ何らかのメリットが出てくるでしょう。

半年もすればメンタル面での成長も望めますが、焦りは禁物。
小さな変化を見逃さず、徐々に変わっていく過程を楽しむのがヨガのコツです。

・ダイエットなどの身体的変化:3ヶ月~1年くらいで効果が出やすい。
・ストレス軽減などの精神面:早く効果が出る、1回のヨガで影響が出ることも。

関連記事

ヨガのダイエット効果とは?痩せるための期間・おすすめのポーズを紹介!

4. ヨガの効果を効率的に出すには?

ヨガの効果を効率的に出すには?

朝、もしくは夜がオススメ

ヨガはどちらかというと、頻度よりも継続するほうが重要です。
最初は無理をしないほうが無難でしょう。

自分の体調と日々相談し、気が向いたらやるという方法でも悪くはありません。
調子がよければ毎日やってもかまわないのです。
自分のコンディションや気分次第で、いろいろなポーズにチャレンジしていくと、ヨガはどんどん楽しくなっていきます。

ヨガの効果を上げたいのであれば、朝、もしくは夜に行うのがオススメ
朝日を浴びながらヨガをすると、頭がすっきりしますし、血行もよくなります。
ヨガを朝にやっておけば、高い新陳代謝を1日中キープしやすくなるでしょう。

夜にヨガをするメリットは副交感神経の活発化です。
副交感神経が活発になれば、夜中にぐっすり眠れます。
1日の疲れを取りたい場合には夜にヨガをするようにしましょう。

目的に合わせて、ヨガを朝にやるのか夜にやるのか決めてみてください。
元気であれば、朝と夜、両方行っても問題ありません。

ヨガをやらないほうがよい時間帯は「食後」

逆に、ヨガをやらないほうがよい時間帯というのもあります。
それは食後です。

ヨガはうつ伏せになったり、身体を捻じったりする動作がありますので、食後すぐに行うと気分が悪くなる可能性が高いでしょう。

さらに、ヨガの呼吸やポーズで血行を促進させたおかげで、消化活動に影響が出ることも懸念されます。
消化に必要な血液が体中に分散されてしまうと、体調不良にもなりかねません。

食事はヨガをする2時間前にはすませておきましょう。
時間の調整が難しいようであれば、スープやおかゆなど消化のよいものを食べるようにしてください。

鼻呼吸を意識し、瞑想を取り入れること

ヨガはなにも考えずに身体を動かすだけでは、効果が出にくいものです。
鼻呼吸ができているかどうかをチェックするようにしましょう。
綺麗な空気を体内に取り込みながらポーズを取ることで、ヨガの効果は高くなります

ヨガを始めて日の浅い人は、ポーズを取るので精一杯になりがちです。
無意識のうちに息を止めてしまっている人もいますが、鼻呼吸はヨガの肝ともいえるものです。
ポーズが正しいとしても、呼吸をしなければ効果は落ちてしまいます。
初心者は特に、鼻呼吸を意識するようにしましょう。

ポーズだけでなく瞑想を積極的に取り入れるのもおすすめです。
ヨガにとって瞑想はとても大切です。
瞑想で雑念を振り払った後にポーズを行うと、より質の高い運動へと昇華します

関連記事

ヨガインストラクターになるには?資格は必要?
マタニティヨガの効果とは?産前~産後いつまでやる?自宅でのやり方やおすすめのポーズを紹介
アシュタンガヨガとは?効果と初心者におすすめの始め方

5. まとめ

ヨガは身体を鍛えダイエットができるだけでなく、心身のリラックスにも有効です。
ヨガの効果はいろいろとありますので、自分の期待する効果をチェックしておきましょう。

メリットは盛りだくさんですが、即効性はあまり高くありません。
特に、身体への効果はすぐには出にくい傾向です。
焦らず、じっくりと取り組むようにしましょう。

また、これからヨガを習いたい・始めたい人やインストラクター資格を取得したい人は、資格のキャリカレの「ヨガインストラクター養成講座」がオススメです。

はじめての人からでも実践できるようになることはもちろん、教え方・指導力まで身につけることができます。
コアヨガ、リラックスヨガ、マタニティヨガなど6つのヨガにも対応していますので、やりたいヨガ、指導したいヨガがきっと見つかります。

おすすめヨガ講座はこちら

関連記事を見る

未経験でも大丈夫!
6つのヨガを無理なく習得!