運行管理者とは?どんな仕事内容?

安心、安全な物流や運送を支える
運行管理のプロ!

運行管理者(貨物・旅客)資格とは?なる方法やメリットを紹介
  • 運行管理者とは?どんな仕事内容?

    大型のトラックやバスによる重大事故は後を絶ちません。大型車を運転していて交通事故をおこした場合、その大きさゆえに甚大な被害につながるケースも少なくありません。
    運行管理者は、大型トラックやバス、タクシーなどのドライバーの管理が主たる業務です。無理せず物や人を運べるよう、ドライバーを指導・管理します。例えば、ドライバーが長時間の連続運転にならないように労働時間を管理したり、荷物を届けるための安全なルートを提案したりします。また、安全運転の意識を高めるため、定期的に安全運転教育もおこないます

    運行管理者とは?どんな仕事内容?
  • 運行管理者になるには?

    運行管理者(貨物・旅客)になるには、運行管理者資格者証の交付を受ける必要がありますが、それには「運行管理者試験に合格する」「実務経験などにの要件を満たす」の2つの方法があります。

    【運行管理者試験に合格する】
    試験による方法です。運行管理者試験を受けるには、次のいずれかの要件を満たしていることが必要です。
    (1)運行管理に関して1年以上の実務経験
    自動車運送事業(貨物軽自動車運送事業を除く。)の用に供する事業用自動車又は特定第二種貨物利用運送事業者の事業用自動車の運行管理に関し、1 年以上の実務の経験を有する方。
    (2)基礎講習修了、または修了予定
    国土交通大臣が認定する講習実施機関において、試験の種類に応じた基礎講習を修了(または修了予定)した方。
    ※受験資格の詳細はお申し込み前に必ずご確認ください。

    【実務経験などにの要件を満たす】
    実務経験などによる方法です。事業用自動車の運行の安全の確保に関する業務について、国で定めた一定の実務の経験その他の要件を備えていることが必要となります(一般貸切旅客自動車運送事業を除く)。

    運行管理者になるには?

運行管理者には
「貨物「旅客
2つの資格があります。

  • 貨物 「貨物」は運送会社などで輸送の安全についての指導・監督をすることが主な役割です。ドライバーの疲労や健康状態の把握、睡眠・休憩施設の保守管理、貨物自動車の過積載を防止するための指導・監督などを行います。 貨物 「貨物」は運送会社などで輸送の安全についての指導・監督をすることが主な役割です。ドライバーの疲労や健康状態の把握、睡眠・休憩施設の保守管理、貨物自動車の過積載を防止するための指導・監督などを行います。
  • 旅客 「旅客」は各種バス・ハイヤー・タクシーなど、お客様を乗せて走る車の指導・監督が役目。定刻運行はもちろん、安全走行のためにドライバーの勤務時間や健康状態にも気を配り、常に最新の道路状況や法律などを把握することが主な役割です。 旅客 「旅客」は各種バス・ハイヤー・タクシーなど、お客様を乗せて走る車の指導・監督が役目。定刻運行はもちろん、安全走行のためにドライバーの勤務時間や健康状態にも気を配り、常に最新の道路状況や法律などを把握することが主な役割です。

貨物と旅客の違いとは何?

運ぶものが「物」の場合は「貨物」、「人」の場合は「旅客」となり、業種に合わせて選ぶ必要があります。両方の資格を取得する場合は、それぞれ試験を受けなければなりませんが、試験内容の7~8割は共通です。

本講座は貨物旅客両方の試験に対応!

「貨物」「旅客」いずれかの資格取得を目指す方はもちろん2資格取得を目指す方の受講もOK!
2資格取得すれば活躍の幅がさらに広がります!

運行管理者(貨物・旅客)のニーズは増加中!
設置の義務化で
さらに必要とされています。

「運行管理者」は多数のドライバーを安全に運用するため、運送業などの運営においては設置を義務付けられている「国家資格」です。運送業の従事者を中心に、全国で毎年10万人以上が選任されています。
平成25年5月の法改正で、所有するトラックが5両未満の営業所においても、原則として「運行管理者」の設置が義務化されました。これにより、有資格者のニーズはさらに決定的なものに!

運行管理者(貨物・旅客)のニーズは増加中!設置の義務化でさらに必要とされています。

資格取得のメリットは?

「運行管理者」の資格を取得すれば
様々なメリットがあります!

  • 運行管理者の資格を取得すれば、
    即戦力として採用されやすく
    就職・転職が有利に!

    運行管理者の資格を取得すれば、即戦力として採用されやすく就職・転職が有利に!

    事業用自動車を保有している営業所は、必ず運行管理者を配置しなければならないので、幅広い業界で活躍できます。
    貨物トラックの運送会社から、タクシーやバスなど他の業界に転職することも可能です。

  • 運行管理者の
    資格があれば昇進・昇給も!

    運行管理者の資格があれば昇進・昇給も!

    運送業では運行管理者の配置が義務付けられているため、昇給や昇進の条件になっている場合があります。また資格手当として、数千円から数万円が支払われる会社も!

  • 運行管理者の資格があれば、
    管理者として長く働ける!

    運行管理者の資格があれば、管理者として長く働ける!

    ドライバーはトラック、バス、タクシー等を運転し続ける仕事であるため、常に体力と神経を酷使することになります。しかし、運行管理者は原則として内勤仕事です。そのため、長期的に働くことができます。

キャリカレなら見事合格で
2講座目が無料で受講できる!

他の資格と組み合わせれば
活躍の場は
ますます広がります!

キャリカレで学び、見事試験に合格すると、キャリカレ指定の人気講座の中から、
お好きな講座を“無料で”受講できる「2講座目無料サービス」をご利用いただけます。
複数の資格を取得して仕事の幅を広げ、ムリなくステップアップを目指せます!

運行管理者資格を取るならキャリカレ!
運行管理者(貨物・旅客)

さぁキャリカレではじめよう! 運行管理者(貨物・旅客)

ネットからのお申し込みで1万円割引!

一括払い(税込) 38,500

分割払い 月々1,860円×24回

※通常価格48,500円 / 分割払い例 2,340円×24回