社会保険労務士とは

労働・保険に関する諸問題や
老後の年金などの相談に応じる
専門家!

社会保険労務士とは

社会保険労務士は昭和43年に誕生し、その後、厚生労働省が主管する国家資格として、現在の社会保険労務士が誕生しました。社会保険労務士は、労働法社会保険精通したエキスパートであり、「就業規則」や「社会保険の手続き」といった書類の作成や提出を誰かに代行することは、社労士にしか許されていない独占業務」とされています。

もっと詳しく見る >

社会保険労務士とは

社会保険労務士の主な業務

社会保険労務士の業務は多方面にわたり、社会保険・人事・労務管理の専門家として、企業経営の四要素(ヒト・モノ・カネ・情報)のうち、
ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに老後の年金を含む生活設計などの相談に応じる、ヒトに関する業務を行います。

  • 1号業務 各種届・法定書類の作成、代行
  • 2号業務 各種帳簿書類の作成、代行
  • 3号業務 労務管理のコンサルティング

社会保険労務士として
活躍する2つの道

社労士として働くには、原則として国家試験である社会保険労務士試験に合格した後
全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿への登録が必要です。
登録後は企業内の社労士として、人事部総務部での活躍、もしくは独立開業するといった2つの道があります。

実務経験

社労士試験合格後、実務経験2年以上、もしくは実務研修修了。

登録入会

全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿へ登録し、社会保険労務士会に入会。

独立開業or企業内社労士独立開業or企業内社労士

社労士のニーズはますます上昇中!
就職・転職にも有利!

社労士の資格を取得して独立」だけが資格を活かす手段ではありません。社労士の資格は、「人事」「労務」「社会保険」の専門家として人事・総務部保険会社における営業マン金融機関での年金相談窓口など、活躍の道が広がっています。また、就職や転職の際には非常に有利となります。

社労士のニーズはますます上昇中!就職・転職にも有利!

女性の社労士も増えています!

社会保険労務士は社会的地位が高く、出産や育児などのライフイベントがあってもキャリアが描きやすい女性も活躍しやすい職業です。
また、「労務管理のプロ」としての視点で、セクシャルハラスメントといった繊細な問題に斬り込むことができるなど、快適な職場環境づくりのために、社会保険労務士が活躍できるフィールドは無限です。

女性の社労士も増えています!

\キャリカレなら見事合格で2講座目が無料/

他の資格と組み合わせれば
活躍の場はますます広がります!

キャリカレで学び、見事社会保険労務士試験に合格すると、キャリカレ指定の人気講座の中から、
お好きな講座を“無料で”受講できる「2講座目無料サービス」をご利用いただけます。
たとえば、行政書士講座資格を取得して、会社設立時の手続きや官公庁への書類作成や代行ができるようになることで、
コンサルティングの幅が広がるなど、ムリなくステップアップを目指せます!

おすすめ講座例

社労士について、もっと知りたい方はこちらもチェック!

社労士の仕事内容や、
社労士試験の合格率や難易度など、
気になる情報をご紹介!

社会保険労務士合格指導講座【2021・2022年度対応版】

さぁキャリカレではじめよう! 社会保険労務士合格指導講座【2021・2022年度対応版】

ネットからのお申し込みで1万円割引!

一括払い(税込) 64,900

分割払い 月々3,130円×24回

※通常価格74,900円 / 分割払い例 3,620円×24回