徹底分析!

合格率は?難易度は?
簿記3級・2級資格試験

合格への第一歩は、資格試験の特性をしっかりと理解し対策を立てること。
このページでは、簿記資格試験について徹底的に分析します!

簿記とは?

4つの簿記検定

一言で「簿記」と言っても、簿記の試験には主催者別に4つの種類があります。
中でも、日本商工会議所が主催する簿記資格試験(日商簿記)は、
現在実施されている簿記試験の中で最も規模が大きく、また歴史も古い資格試験となっています。
知名度も高く、企業の採用担当者にも広く知れ渡っているため、
これから簿記資格の取得を目指すなら、この日商簿記がオススメです。

○左右にスクロールできます

目指すべき資格はどれ?

どこまで取得していればOK?

日商簿記 各級のレベルは??

日商簿記には1級から初級までのレベルがありますが、一般的に履歴書に書けると言われているのは3級以上となっています。
また、経理部門としての求人の場合、多くの企業が2級合格を一つの目安としています。
即戦力としての活躍を期待される中途採用の場合は2級合格が条件となりつつありますので、
転職や復職のために簿記資格の取得を目指す方は、この2級合格を目標にしましょう。

○左右にスクロールできます

級別 科目 レベル・程度 対象者
1級 商業簿記
会計学
工業簿記
原価計算
大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算ならびに会計学を習得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。
合格すれば、「税理士試験の受験資格が与えられる」「職業能力開発促進法の指導員資格試験で、事務課の試験科目の一部が免除される」などの特典がある。
◎大企業経営向き
◎会計指導者向き
2級 商業簿記 工業簿記 高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を習得している。財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できる。相手の経営状況もわかるので、株式会社の経営管理に役立つ。 ◎中小企業経営向き
◎会計主任者向き
3級 商業簿記 財務担当者に必須の基本知識が身につき、小規模企業の経理事務に役立つ。経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。 ◎中小企業経理部門向き
◎一般記帳者向き
◎営業、管理部門向き
初級 商業簿記 (入門) 簿記入門編。小規模小売店の経理に役立つ。簿記の基礎用語や、複式簿記の仕組みを理解している。 ◎商業簿記入門者向き
原価計算書 初級 工業簿記 (入門) 原価計算初学者向けの入門級。 ◎工業簿記入門者向き

試験日はいつ?
受験制限は?

気になる試験情報をチェック!

2級・3級試験の実施は、例年6月(第2日曜)、11月(第3日曜)、2月(第4日曜)の3回。
受験資格も制限がないので、誰でも気軽に受けられる試験となっています。

主催団体 日本商工会議所、各地商工会議所
受験資格 特に制限なし
試験日 例年 6月(第2日曜)、 11月(第3日曜)、 2月(第4日曜)
※3級…午前、2級…午後
申込方法 申込受付方法は、商工会議所ごとに異なります。試験日の約2ヶ月前後を目処に、受験希望地の商工会議所までお問い合わせください。
申込期間 商工会議所ごとに異なるため要確認(おおむね試験日前の2ヶ月前後)
制限時間 2時間
合格基準 70%以上
合格発表 商工会議所ごとに発表
※合格発表の期日や方法、証書の受け渡し方法等は、申し込みの際に確認可能。
問い合せ先 最寄りの各地商工会議所にお問い合わせください。
資格試験ホームページ:
https://www.kentei.ne.jp
簿記3級の合格率や難易度は?
簿記3級・2級(日商簿記)

さぁキャリカレではじめよう! 簿記3級・2級(日商簿記)

ネットからのお申し込みで1万円割引!

一括払い(税別) 34,000

分割払い 月々1,770円×24回

※通常価格44,000円 / 分割払い例 2,290円×24回