簿記とは?みんながわかる!やさしい簿記ガイド

簿記の資格に興味を持ったことがある人は多いでしょう。
簿記は経営の記録や管理、分析方法を習得できるため、経理部門で働く人はもちろん、経理担当以外の人からも経営の基本を学べる資格として支持されています。
企業の業種や規模を問わず、就職や転職でも持っていると有利な資格とされており、社員に簿記の取得を薦める企業も多いのが現状です。
本サイトでは、簿記検定試験の内容や勉強方法、試験日程などについて解説していきます。

目次

簿記とは?

簿記とは、企業の規模や業種、業態に関わらず、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。
ビジネスに欠かすことができない簿記は、企業の経理・会計担当者だけでなく、営業マンや管理者、家計を預かる主婦にいたるまで、あらゆる人たちに役立つ知識となっています。

簿記の活用の仕方

簿記の資格や知識は、どのような環境で役に立つのでしょうか。
ここでは、簿記の活用の仕方を紹介します。

簿記はこのような人におすすめ

簿記を勉強すると、経理と会計両方の知識を身に付けることができます。

企業の財務・経理部門で働いている人
簿記を使って企業の経済活動を記録し分析していくため、簿記の知識が必要になります。
資格を取得することで、実践に役立つスキルを持っていることが証明できるでしょう。

将来的に公認会計士や税理士を目指したい人
簿記の知識は必要となるでしょう。簿記は財務・経理の分野に限らず、就職や転職を考えている人にも持っていると有利な資格です。
求人情報では、日商簿記検定の資格が条件となっていることも多くあります。
簿記がスキルとしてみなされ、応募可能案件が増えたり他の求職者に差をつけたりすることができるでしょう。
また、現在働いている場合のスキルアップとして勉強するのもおすすめです。

独立開業を計画している人
簿記は帳簿記入や企業活動を把握したり分析したりするための基礎知識になります。
自分でビジネスを構築していく人は、事業計画や資金繰りの計画が必要です。
経営者の視点でも簿記の知識は必ず役に立ちます。

簿記の資格取得で期待できる効果

経理部門で働きたい場合や既に働いている人
職場ですぐに知識を生かすことができます。経理の仕事は多岐に渡りますが、入出金の伝票処理や決算処理は、簿記の知識がベースとなります。
会計ソフトが導入されている企業がほとんどですが、操作する担当者が簿記をわかっていないと、イレギュラーな事態が起こった場合に対応できず業務が滞ってしまうでしょう。

また、ソフトで行った処理のロジックを自分で理解していないと、正しい処理が行われているか確認することができません。
その他に、予算管理や税務においても簿記の知識の応用が必要になります。

就職や転職を考えている人
簿記資格の取得をしていると応募できる案件が増えたり、採用が有利になったりするでしょう。
他の職から財務・経理部門への転向がしやすくなったり、キャリアや年収アップにつながったりします。
また、経理担当として働く場合以外にも、プラスアルファのスキルとしてアピールできます。

企業の経済活動を読み、新規事業の立ち上げに参加したり、メーカー・小売業の支店長や子会社代表を目指したりすることもできるでしょう。
簿記で基礎がわかっていると、会計士や税理士などとスムーズに話ができるのもメリットです。

独立してビジネスを立ち上げたい人
専門家だけに任せるのではなく、自分で事業計画の評価や経済活動の分析ができると経営判断しやすくなります。

日商簿記1級の試験概要

日商簿記1級は最難関の簿記検定です。
会計基準や企業会計に関する法規、経営管理や経営分析を行うために高度な知識が必要とされます。
公認会計士や税理士などの国家資格を目指す場合にも役に立ちます。

試験日 例年6月、11月の年2回実施されます。
受験料 7,850円(税込)
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。
※1級からの受験、1・2級の併願受験も可能。
試験時間 3時間
合格基準 合格基準は70%以上ですが、どの科目も40%以上の得点を取得しなければなりません。
合格発表 例年8月、1月に発表されます。
※合格発表の日程は、各商工会議所により異なります。申し込みの際に確認しておきましょう。
備考 詳しくは、最寄の商工会議所までお問い合わせください。

日商簿記2級の試験概要

日商簿記2級は経営管理の職場で役に立ち、企業でも需要のある資格です。高度な簿記知識が必要となりますが、習得すれば経営内容や企業活動の流れを分析できるようになります。2級の試験概要を紹介します。

試験日 例年6月、11月、2月の年3回実施されます。
受験料 4,720円(税込)
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。
※2級からの受験、1・2級、2・3級の併願受験も可能。
試験時間 2時間
合格基準 合格基準は70%以上です。
合格発表 例年8月、1月、4月に発表されます。
※合格発表の日程は、各商工会議所によって異なるので申し込みの際に確認する必要があります。
備考 詳しくは、最寄の商工会議所まで直接お問い合わせください。
関連記事 ・簿記2級の出題傾向と試験対策

日商簿記3級の試験概要

日商簿記3級は財務・経理部門の担当者以外にも、あらゆる部門で活躍する人に必要とされる商業簿記の知識です。
取得しておくと、採用の際に評価されたり、キャリアアップにつながったりすることがあるでしょう。
3級の試験概要を紹介します。

試験日 例年6月、11月、2月の年3回実施されます。
受験料 2,850円(税込)
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。
※2・3級の併願受験も可能。
試験時間 2時間
合格基準 合格基準は70%以上です。
合格発表 例年8月、1月、4月に発表されます。
※合格発表の日程は、各商工会議所によって異なるので申し込みの際に確認する必要があります。
備考 詳しくは、最寄の商工会議所まで直接お問い合わせください。
関連記事 ・【簿記検定】日商簿記・全商簿記・全経簿記。3つの違い・難易度は?
関連記事 ・簿記3級の出題傾向と試験対策

受験の申し込みは商工会議所・ネット試験会場で

簿記の試験には、基本的に商工会議所が窓口となるものとネット試験があります。
それぞれの受験の申し込みフローを紹介します。

受験申し込みの流れ

簿記初級を除く試験は、各商工会議所が試験の窓口となります。
試験を施行する商工会議所は、商工会議所の検定試験のサイトで都道府県別に検索することができるので確認しておきましょう。
受験希望地が決まったら、試験日の2カ月前までに申し込み方法や受験料の支払い方法を問い合わせておきます。

基本的には商工会議所の窓口で申し込みを受け付けていますが、場所によっては郵送やインターネットが可能な場合もあります。
指定された方法で申し込みを行います。
試験当日は、身分証明書を忘れずに持参しましょう。
会場では、試験管の指示に従います。
合否発表の日程や確認方法も商工会議所によって異なるので、受験する場所であらかじめ確認しておくとよいでしょう。

簿記の初級は、インターネットを介したネット試験になります。
商工会議所の検定試験のwebサイトでネット試験会場を検索することができます。
希望の会場によって決められた試験日や申し込み方法に基づいて受験を申し込みましょう。

ネット試験会場に行く際は、身分証明書を必ず持参します。
ネット試験では、試験終了と同時に採点し合否が判定されるのが特徴です。
合格証の受け取りについては、ネット試験会場であらかじめ確認しておきましょう。

簿記のおすすめ学習方法

簿記の資格を取得するために、どのように準備をしたらよいのでしょうか。
ここでは、簿記の試験に向けて参考にできる学習方法を紹介していきます。

サンプル問題のダウンロードを活用

商工会議所の検定試験のサイトでは、簿記の試験のサンプル問題をダウンロードすることができます。
模擬試験ではないので注意が必要ですが、出題範囲の内容が実際にどのような形で出題されるのかを確認することができます。
先にサンプル問題に目を通しておくと、今後の勉強の指針も立てやすくなります。
簿記の勉強を決意したら、まずは日本商工会議所の検定試験のページをチェックするのがおすすめです。

公式サイトで出題の意図・講評を確認

毎回の試験終了後に、日本商工会議所から、その問題を出題した意図や共通して誤りの多かった事例(出題の意図・講評)などが公表されています。
こういったデータを学習のための参考資料として活用し、検定試験にチャレンジしてみると効率よく学習を進めることができます。

特に最近の受験者は、予想以上に過去問をなぞった学習に終始している傾向があり、そういった学習方法による誤りも多く見受けられるようですので、出題区分表の範囲全般にわたって学習するとともに、新しい会計基準等についての勉強をするとよいでしょう

通信教育を活用

通信教育は、仕事で忙しい方でも時間を有効に使って学ぶことができるのが最大のポイント。
そして、最近の通信講座は試験を熟知したカリキュラムやテキストで構成されていることはもちろん、合格までの学習サポートもすごく充実しています。
通学と比べ受講料も安く抑えることができるので、お得に学べる通信教育を活用してみるとよいでしょう。

関連記事 ・簿記は独学でどこまでいける?簿記3級・2級合格のための勉強法

まとめ

簿記は一度取得すると、この先も就職活動や転職活動、社内でのキャリアアップに役立てることができます。
そのため、経理関連の職でない場合も、独立・開業を目指す場合にも、簿記は絶対に身に付けておきたい知識です。
実践力につながる簿記を身に付けて、これからの仕事をより楽しくこなしていきたいですね。

そして、簿記の学習をはじめようとご検討中なら、試験対策がしっかりとされ効率よく学べる資格のキャリカレの通信講座がおすすめ。
これまでのポイントがしっかり押さえられていることはもちろん、受講料も他の講座と比べて、かなりお得になっているので、簿記の勉強をはじめる前に、是非チェックしてみてください。

キャリカレの「簿記講座」はこちら
関連記事を見る
不合格なら全額返金!
出るトコを学んで短期合格!