簿記は独学でどこまでいける?簿記3級・2級合格のための勉強法

社会人として仕事の幅を広げたり、スキルアップするためには、お金の仕組みを正しく理解する必要があります。
そのため、簿記を勉強する人はたくさんいます。業種や業態によっては簿記の資格が有利に働くこともあります。
そして、多くの社会人が資格取得を目指しているのは2、3級です。
ここでは、簿記検定の2、3級に合格するための勉強法を解説していきます。

目次

独学で合格したい!日商簿記試験にどう立ち向かう?

簿記とは、お金の出し入れについての知識を証明する資格です。
仕事をする以上、経理の知識がなければ実務を進めていけません。業種によっては複雑なお金のやりとりも発生します。簿記では段階的にお金の知識、経理スキルを区分しており、資格者の能力を証明してくれます。簿記は専門学校などで学ぶこともできる一方で、費用や時間の都合から独学を希望する人も少なくありません。市販のテキストも販売されているので、自力で勉強する人は増えています。

簿記検定には1~3級があり、ここでは社会人がよく受験する2級・3級について、合格するコツや実態を説明していきます。

関連記事 ・簿記とは?みんながわかる!やさしい簿記ガイド

簿記3級は独学でも対応可能!

簿記3級の試験範囲・合格率

簿記3級では、株式会社で実践できるレベルの会計知識が問われます。
具体的には、株式の発行、剰余金の配当などが該当します。
さらに、2019年から出題範囲が変わって、電子記録の債権・債務、クレジット売掛金も追加されました。
簿記3級の合格率は回によって変動はあるものの、50%前後で推移しています。

簿記3級の学習のポイントと勉強時間

受験するにあたり、簿記3級では50~70時間の勉強時間が必要だとされています。
まずは、それだけの時間を確保できるかどうかが鍵です。そのうえで、いきなり問題を解き始めても理解が追いつかないため、最初はテキストを読み込むことを重視しましょう。

それから予想問題に移り、仕上げに過去問を集中的に手掛けます。
なお、商業簿記は日常業務との関連性が高い場合が多いので、身につけておくと実務をこなすうえで便利です。

ずばり、簿記3級はこうすれば独学でも合格!

簿記3級レベルであれば独学でも十分に合格を狙えます。
テキストを読み込んだ後の学習では、問題演習と復習を繰り返すことを重視しましょう。そして、間違えた問題をひたすらチェックします。
独学の場合は、スケジュール管理がおざなりになることも多いので自己管理も意識したいところです。スクールには必ずしも通う必要がありませんが、試験に慣れるためには模試だけを受けに行くのもひとつの方法です。

一方、簿記2級は…

簿記2級の試験範囲・合格率

「商業簿記」「工業簿記」が簿記2級の試験範囲です。
いずれも簿記3級よりも専門性が高く、限られた分野での知識を問われます。
購買活動や販売活動、製造業における会計などが、簿記2級の勉強を通して身につきます。
簿記2級は3級よりも難易度が高いため、合格率はやや低めです。ここ5年の合格率は、10~30%となっています。

工業簿記が難関!テキストを読むだけでは合格は厳しい

簿記2級を独学で合格するには、200~300時間ほどの勉強が必要です。
また、自分のレベルに合っていて分かりやすいテキストも手に入れましょう。ただ、現実問題としてそれだけの勉強時間を確保するのは困難です。

また、簿記2級の試験範囲である工業簿記を克服できない可能性も生まれます。工業簿記は体系的に理解しないとまったく問題を解けなくなることさえあります。そのため、つまずいたときに教えてくれる存在がいたほうが心強いでしょう。

関連記事 ・【簿記検定】日商簿記・全商簿記・全経簿記。3つの違い・難易度は?

まとめ

簿記3級は難しくなったとはいえ、努力次第で独学でも合格が狙える試験と言えそうです。
しかし、簿記2級となると、難易度がグッと上がるため、独学での合格は一気に難しくなりそう。そのため、簿記の合格を目指すなら、独学ではなくきちんと指導してもらえる通信講座が向いていると言えそうです。

通信講座なら独学よりも体系的に学習でき、スクールほど拘束されません。スクールは短期間で成長しやすいものの、わざわざ通う必要があったり、費用面がネックになることがあります。それなら、毎日が忙しい方でも、費用面が心配な方でも、低コストで的を絞って短時間で学習でき、疑問や不明点を質問できる「キャリカレの簿記講座(通信講座)」を選んでみるのはいかがでしょう。全額返金保証もあっておすすめです。

キャリカレの「簿記講座」はこちら
関連記事を見る
不合格なら全額返金!
出るトコを学んで短期合格!