簿記検定の傾向と対策とは?

試験の特性をしっかり理解すれば
誰でも確実に一発合格できます!

試験合格に向けて勉強するにあたり、
試験の出題傾向と得点配分を知っておくことはムダのない効率的な学習につながります。
本ページでは、日商簿記2級と3級試験の配点基準及び出題傾向と対策について解説します。

日商簿記
2級検定

配点基準

簿記2級の試験では、第1問~第3問までが商業簿記、第4問と第5問が工業簿記から出題されます。
得点配分は基本的に各20点ずつの配点基準で出題されています。

日商簿記2級検定 日商簿記2級検定

出題傾向と対策

仕訳問題
第1問は、仕訳形式の問題が5題、各4点の配点として出題される傾向にあります。資格試験では、使用される勘定科目決められていますので、その勘定科目を使って仕訳を行う練習を繰り返すことがポイントです。
「帳簿関係」「勘定記入」など
第2問は、伝票会計などの帳簿関係の問題がよく出題されていましたが、直近の試験では、勘定記入株主資本等変動計算書の問題が出題されることも多くなっています。
出題形式はバラエティに富んでいますが、基本となる仕訳を考え、それを集計することで解答可能なものがほとんどになります。
決算を伴う総合問題
精算表作成や財務諸表作成など、決算を伴う総合問題が出題されます。また、本支店会計が出題されることもあります。いずれの出題形式においても基本となる決算整理仕訳を着実に行い、集計することがポイントです。
「費目別計算」「部門別計算」「勘定記入」など
第4問と第5問は、工業簿記からの出題となります。
第4問は、費目別計算、部門別計算、個別原価計算、総合原価計算、本社工場会計などの論点から出題されます。勘定の流れを抑えながら、各段階における計算、処理をひとつずつクリアしていきましょう。
「各種原価計算」など
第5問では、個別原価計算、総合原価計算、標準原価計算、直接原価計算など、さまざまな論点から出題されています。どの論点が出題されても良いように、勘定連絡図をベース個々の計算のポイントをしっかりマスターしておくことが大切です。

日商簿記
3級資格試験の
傾向と対策

配点基準

簿記3級の試験では、第1問の仕訳問題、第3問の試算表作成問題、第5問の精算表作成問題の点数が高くなっていて、
この3問で合格基準の70点を超える80点を獲得できるため、この3つを重点的に学習することがポイントです。
問題集などを通して一定の練習を積むようにしましょう。

日商簿記3級資格試験の傾向と対策 日商簿記3級資格試験の傾向と対策

出題傾向と対策

仕訳問題
第1問は、仕訳形式の問題が5題、各4点の配点として出題される傾向にあります。資格試験では、使用される勘定科目決められていますので、その勘定科目を使って仕訳を行う練習を繰り返すことがポイントです。
「帳簿関係」「勘定記入」など
第2問は、帳簿記入や勘定記入の問題が出題されます。帳簿にはいくつか種類がありますが、中でも「商品有高帳」はよく出題されるので必ず解答できるようにしておくことが重要です。その他の帳簿については、適切に読み取ることができるようにしておきましょう。勘定記入が問われた場合は基本となる仕訳にさかのぼって考えることで、解答していくことができます
決算を伴う総合問題
ここでは、試算表の作成問題が出題されますが、ごくたまに財務諸表の作成問題が出題されることがあります。どちらの問題が出題されても良いように、試算表作成を中心に過去問などで対策しておくことがポイントです。なお、この第3問が合否のカギを握っているとも言われています。
「費目別計算」「部門別計算」「勘定記入」など
ここでは、伝票会計の問題、勘定記入・訂正仕訳・決算整理仕訳などの問題が出題されています。特に伝票会計基本知識を生かせばカンタンに解ける出題が多いので、得点を稼ぐ問題として取り組みましょう。
「各種原価計算」など
第5問では、精算表の作成財務諸表を作成する問題が出題されます。どちらも、過去問対策が非常に有効なので、出題形式に慣れておくことがポイントとなります。
キャリカレ の「簿記3級・2級 合格指導講座」では、過去問の徹底分析による効率的な学習と、簿記試験を知り尽くした”専任講師”によるわかりやすい解説&指導で、短期間で一気に合格を目指すことができます!安心してお申し込みください!
知識ゼロからでも合格できる!
簿記3級・2級(日商簿記)

さぁキャリカレではじめよう! 簿記3級・2級(日商簿記)

ネットからのお申し込みで1万円割引!

一括払い(税別) 37,000

分割払い 月々1,930円×24回

※通常価格47,000円 / 分割払い例 2,450円×24回